日記・コラム・つぶやき

徒然日記 Vol 466

青春時代の終わり

 「あなたの青春時代は、いつ?」と聞かれたら、「名古屋の日本福祉大学に行っていた頃だ」と答えるだろう。大学受験に失敗して、一浪して、名古屋の大学の夜間に入学し、色々なバイトをして働きながら、通った。19歳からの5年間で、多くの人たちと出会い、様々な経験をした。そして、今でも多くの友人たちと親交が続いている。一年生の時にクラス分けがあり、僕はFクラスになった。安易なクラス分けで、五十音順に振り分けられていて、Fクラスは、は行の苗字の仲間ばかりだった◆8年前からだろうか、2~3年おきに、かつてのFクラスの仲間10人前後で、名古屋での同窓会を開催するようになった。数十年ぶりに会った仲間は、みんないいお爺ちゃんとお婆ちゃんになっていた。それでも、久しぶりに会えば、あの頃を思い出して、若かりし頃の話に花が咲く。先日、そのFクラスの仲間のFさんからメールが届いた。そこには「おゆみさんんが癌で亡くなった」と・・・。春先に肺がんが見つかったものの、進行を止められずに、自宅で家族に看取られて亡くなったとのこと。私より二歳上だったろうか?クラスのお姉さん的存在で、みんなが「おゆみ、おゆみ」と慕っていた人だ。おゆみさんの下宿が大学のすぐ近くだったこともあり、一年生の頃はクラスの仲間が集まり、夜遅くまでよく飲んだものだ◆大学3年の時だったろうか、ずっとサボっていた大学に久しぶりに行き、門の近くでばったりと、おゆみさんに出会った。僕に会うなり彼女は、「ようちゃん、近頃大学にも来ないで何してるの?前向きに生きなきゃ駄目じゃない」と叱られてしまった。そんな、おゆみさんとは8年前だろうか、30数年ぶりに再会した。私には、おゆみさんだとすぐわかったものの、おゆみさんからは私の顔を見るなり「だれ?」と言われてしまった。仲間の中で、一番顔や体形が変わったのが、どうやら僕のようだ。あの日、再会を約束して別れたのに、突然の訃報だ◆その晩は、いつもよりも多めのウイスキーを飲みながら、懐かしき思い出を振り返った。翌日の朝、携帯を見るとHさんから夜中に何回も着信があり、真夜中の2時頃のショートメールには「馬鹿」と書かれてあった。翌朝に電話をすると「昨夜はごめん。おゆみとの思い出が多すぎて、一人で飲んだくれて電話してしまった」とのことだった。来年は、この熊本でのクラス会を計画していたのに、もう二度と、おゆみさんには会えない。私の青春時代が終わったかのようで、寂しい限りだ

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 465

コロナは続くよ・・・

 半年が過ぎたのに、新型コロナウイルスの感染は、未だ終息しない。世界規模で言えば、日本は感染者数が少ないものの、きちんとした対策を怠れば、いつの日か爆発的に感染が拡大するかもしれない。熊本市は4月に議会と執行部により「新型コロナウイルス感染症対策会議」を設立し、これまでに10回開催されている。熊本市は感染を抑え込むために、春以降、様々な対策を打ってきた。6月には終息するかと思えたものの7~8月から感染が再び拡大し、現在は4月並みの感染者数で推移している◆先日の会議では、執行部から警報レベルの見直しの提案があった。現在は、4段階中最高のレベル4だが、新たな生活様式を取り入れての暮らしを推奨するだけで、移動の自粛や集会の規制等も行われていない。議会からも、現状では、警報レベルと具体策の不一致が見られること、市民の警報レベルへの理解が様々であり、感染防止のための行動に差があること等により、より実態に即した見直しを求めてきた。来週には、新たな警報レベルと、レベルに即した感染防止のための具体的な対応策等が示される予定だ◆ちなみに、日本全国での人口10万人当たりの感染率を見ると、熊本県は15番目と上位に位置する。トップは東京、二番目は沖縄で、大阪・福岡・神奈川と続く。熊本は九州で三番目に感染率が高い。会議の中で、私から「なぜ、九州の中で三番目に感染率が高いのか、きちんと分析しての今後の対応が必要」と訴えた。具体的には「熊本県が他県に比べて、PCR検査数が多いのか?飲食店等の感染症対策が進んでいないのか?若者のマスクの不着用や移動が多いのか?等を検証すべき」だと、述べた◆私自身は、若者を中心とした無症状の感染者が、夜の繁華街等を移動しているのが、感染拡大の大きな一因であり、今後、若者へのマスク着用や、移動の自粛等を呼びかけるべきだと思っている。私の住む近隣の街中でも、高校生や20代の青年たちがマスク無しでいるのをよく見かける。リスクの高い高齢者は、外出も控え、用心に用心を重ねているのに、だ。いくつもの夜の飲み屋等でクラスターが発生したが、その客の中には三店をはしごした者もいた。新聞も読まない、テレビもニュースも見ない若者たちに、きちんとコロナ対策を呼びかけるためには、SNSの活用や、高校や大学などでの啓発活動が有効だと思うのだが。このままでは、コロナは続くよ、いつまでも、どこまでも、だ。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 464

弟、逝きて早一年

 五つ下の弟が癌で亡くなってから、早いもので明日で一年となろうとしている。私のメールには、弟とやり取りした多くの文章が未だ残っている。癌を宣告されて死を覚悟して、私たちに弱き姿を見せることもなく、癌と五年間闘い、逝ってしまった◆5年の間に、家族のために家をリフォームし、庭をきれいにし、身の回りの品物を整理し、墓を作り、遺言まで残した弟◆今さらながら、その生き様と死に様は、私にはできそうにもなく感心してしまう。子どもの時から、優しくて思いやりがある男だった。五つ離れているということもあり、一度も喧嘩をしたことがない◆いつだったか弟が元気な頃に、私の木工房がある高森に来て「この近くに土地を買って、キャンプ場を創り、息子と一緒に経営できたらいいな」と言っていた。夢は叶わず、この世を去った弟のために、明日、お墓に花を手向けようと思う。

 

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 463

天然の母

 私の母は7月で88歳。足腰が弱ったものの、まだまだ元気だ。しかし、思い込みが激しく慌てん坊なので、天然でのボケなのか、本当にボケてるのか判然としない時がある◆先日の夜、テレビで、トム・ハンクスが演じる「キャストアウェイ」という映画を家族で観ている時のこと。内容は、飛行機事故で無人島に流されて4年間過ごし、最後は丸太で船を作って島から脱出するという物語だ。島での生活のシーンを観ながら、母が「ひとり暮らしなんだ」と呟く◆孫たちが「ひとりぐらし~?!」と笑う。その後、手作りの船で荒波を乗り越えて脱出するシーンで、今度は「この人、役者さんにいいかも?」と呟く。今度は笑うに笑えず、家族みんなで顔を見合わせてしまった◆どうやら、ドキュメンタリーだと思っていたようだ。私が「これは映画で、彼は有名な役者だよ」と言うと、納得したようだ。にしても、無人島での一人暮らしの様子を、いったい誰がどこで撮影していると思っていたのだろうか?映画を観ながら、心の中で「ボケてんじゃねーよ!」と叫ぶ私だった。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 462

さてさて・・・

 9月議会が終わった。そして、議会だよりの原稿も書き上げた。さあ次は・・・と思っても、手帳の日程は、会派の会議と地域の自治会等の関連の会議等の記載があるのみで、ほとんどが真っ白◆コロナは少しずつではあるが、落ち着いてきたので、昨年末以来の市政報告会を再開しようかと思っている。そのためには、先ずはコミュニティーセンター等の会場4か所を押さえなければならない◆報告会が終わった後には、後援会の役員会と後援会総会を開こうと思っている。日程を決めて案内状を作成して資料を作って、と忙しくなる。頑張らねば◆ただし、危惧しているのが、日程と場所を決めた後にコロナが息を吹き返すこと。その時は、仕方がないが延期しかない。さてさて、どうなることやら。

 

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 461

肥後の足引っ張りと・・

 この二年ほど、市役所の庁舎の建替えの議論が行われている。私たちの会派は、庁舎が老朽化していること、有事の際に防災の拠点として機能できないこと、職員全てが入りきれず他のビルを長年にわたり借りていることの無駄等の理由で、早期立て替えを主張している。しかし、議論の場としての特別委員会で慎重派の議員の数名が、「熊本地震に耐えた現状の建物を補強すれば、しばらく使用できるのでは」という意見で、幾度となく調査が行われている。このままでは、時間ばかりが過ぎ、議論倒れになりはしないかと心配している◆20年ほど前、私が県の職員組合の書記長をしていた頃に、国からの出向で部長の職についていた方が国に帰ることになった。その方の送別の席で、私が彼に、「熊本県に4年間いて、熊本県人の気質についてどうな風に感じましたか?率直な感想を聞かせてください」と尋ねた。彼は「様々な会議に参加して感じたのは、熊本の人は議論が好きで、新しい取り組みなどを提案すると、色々と意見や要望が出て、まとめるのに相当時間がかかった。しかし、物事がいったん決まると、その後の経過等含めて確認されることが少なく、あの議論は一体何だったのだろうか?と思うことが幾度となくあった」と話をされた◆熊本県人の気質としてよく言われるのが「肥後の足引っ張り」と「議論倒れ」だ。私も様々な会議等に出席するが、確かに、彼が指摘するように、相当の時間をかけて議論をし続けて、結論が出た後では、ほとんどの人が何ごともなかったかのように無関心になってしまったり、議論に議論を重ねて、最終的には結論が出なかったりしたことがよくあった。また、肥後の足引っ張りとして、目立った言動の人の意見は、良い意見であっても潰されることが多いように思う。私自身は、どんな会議の席でも、一定の方向性を見定めての質問等を行い、気になる案件はしつこく、いつまでも忘れることなく、機会あるごとに継続して取り上げることにしている。更には、どんな人であっても良い意見であれば耳を傾けるようにしているつもりだ◆本日も庁舎整備に関わる特別委員会が開かれた。庁舎の建て替えをしなくても、現状の庁舎の杭や壁等の強度により、補強すれば充分に使用できるのでは、ということで3000万円ほどかけての調査結果が示された。結果は、現状では次なる地震に耐えることができない強度だった、とのこと。執行部としては、建て替えに向けての議論を早く始めたいところだが、慎重派は、更なる調査を求めているようだ。これまでの調査だけでも6000万円ほどの支出だ。いつまで調査をし続ければ、慎重派は納得されるのだろうか。国に帰った彼は、今や、ある省庁のトップ3にまで上り詰めたようだ。省庁の中では、議論倒れや足引っ張り等が無く、真摯な議論のもと国民のために、様々な施策を推進してほしいものだ。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 460

不思議な縁 

 先日、高森在住で、木育の活動をしている方から、ブロック積み木の注文があった。その方とは、数年前に高森町でのアートクラフトフェアで知り合った。建物の一角で、いくつかの木工玩具を広げて、子どもたちに遊びの場所を提供されていた。なぜかその玩具の中に私のブロック積み木があり、びっくりした◆私の積み木が、巡りめぐって、その方の手元に届き、子どもたちの遊び道具の一つとして活用していただいていたのだ。注文があってからの数日後、私の工房までご主人と来ていただき、積み木の他にパズルや車も購入していただいた。そして、更なる注文も◆お二人は、10年前に東京から高森に移住されたとのこと。ご主人は、今、県の委託事業で、県内の様々な伝統工芸品づくりを伝承するために、作者からの聞き取りと製作の過程を画像で記録する仕事をしている、と話をされた◆私が「実家は高森町の福永写真館ですよ」と伝えると「高森に来てから、写真館の娘さん(いとこの娘で高森町の職員)に、すごくお世話になっている」という話になった。私の積み木で繋がった不思議な縁。大事にしなければと思う。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 459

自助・共助・公助って

 私たちは熊本地震を経験し、行政だけでは、市民の命や暮らしを守ることができないことを知った。以後、自助・共助・公助としての、市民・地域・行政による災害対応が求められている。その取り組みの一環として、災害時に誰かの助けが無ければ移動できない方や見守りが必要な人を把握し、20年ほど前から災害時要援護者名簿を作成し、地域の自治会民生児童委員などに配布している。また、地震以降、地域と行政との連携を強化し災害に備える組織として「校区防災連絡会」の立ち上げに取り組み、現在、9割以上の校区に設立が進んでいる◆しかしながら、校区防災連絡会には名簿の配布はなく、地域の実態はと言えば、名簿の活用もなく、組織的な動きがきちんとできていないのが現状だ。特に、今回の台風10号の襲来に伴い150か所の避難所が開設されたものの、自治会長と民生児童委員の代表には「避難所運営は行政が行いますので、地域での活動はいらない」という趣旨で連絡があり、地域での組織的な動きは、ほとんど無かった◆私は、校区の防災連絡会の会長だが、台風10号の対策について行政からは全く連絡がなく、校区防災連絡会としても事前の対策会議も開かなった。ただし、議員として防災連絡会の会長として、避難所が開設された日の午前中と午後に近隣の6校区の指定避難所(小中学校)を見て回った。その中のひとつの校区だけが、自治会と民生児童委員で、名簿等を活用し、避難所に行けない人たちを車で運んだり、見守り等の活動をされていた。市内五つの区では、南区だけが、海岸沿いでの高潮の被害の恐れありとして、地域の協力を呼びかけ、組織的に動いた地域がいくつかあったようだ。しかし、その他の地域のほとんどが自助と公助のみだった。「災害時に助けてください」という人たちの名簿があり、「有事の際は、避難の誘導や移動の補助や見守りをする」組織がありながら、共助としての地域の活動がなかったのだ。地震の時には、ほとんどの地域が行政の支持が無くとも、民生児童委員や自治会の役員が、安否確認から始まり、様々な支援活動ができた◆しかし、台風ということで、市内全域は地震の時のように動かなかったのが実態だ。今回の台風は、事前情報として過去に経験したことが無いような巨大な台風で、甚大な被害が予想されていた。何事もなく、台風は勢力を弱めて過ぎ去ったものの、避難所150か所には高齢者を中心に一万人以上が避難した。先の議会の質疑の中で、今回の件を質問したところ、執行部として「台風対策ということで、これまで通り、行政主体での対応に終わった、今後、地域との連携も含めてマニュアル等の見直しを行う」の答えが返ってきた。私が代表である、防災連絡会の役割もきちんと見直して、今後は、私自身もリーダーシップを発揮して、自治会や民生児童委員の方々と連携し、災害弱者を助けるシステムを作っていきたいと思う。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 458

中学校で防災の話

 先日、武蔵中学校の要請で、地域の防災の取り組みを3年生の代表にレクチャーしてくれ、ということで、防災委員会の代表としての私と、自治会長、民生児童委員の代表の3人で話をしてきた。3年生の10名を相手に、私がまとめた地域の防災の組織や取り組みなどを説明した。説明の中には、今回の台風10号対策として行政も地域も的確な取り組みができなかったことも伝えた◆説明の後、子どもたちから「避難生活が長期になった人たちへの健康対策はどうされましたか」「ボランティアの人たちの活動は、どんな人たちのどんな内容でしたか」などの質問があった。回答として、健康対策は、北区の保健師さんの定期的な見守り活動があったこと、ボランティアは、地域のスポーツ施設などからのマッサージや子どもたちの見守りがあったこと、自治会の役員のOBが毎日コミセンに避難している高齢者のお世話をしていただいたこと、などを報告した◆説明の最後には、中学生の皆さんへの項目を設けて、お願いをした。内容は「地震の記憶と記録を忘れず、他県の人や子や孫へきちんと伝えてほしい」「自助の取り組みとして何が必要か考えてほしい」「共助の取り組みとして今後何ができるのか考えてほしい」等◆子どもたちからは、きちんとした内容の答えは無かったが、今回を契機に、今後、今からできることなど色々と考えてくれたらいいと思う。私たちは後10年もすれば、この世にいないかもしれない。中学生は、10年後は25歳だ。できれば、この熊本に残って、この地域の力になってくれることを切に願って、レクチャーは終わった。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 457

「ソーシャルディスタンスだ」

 14年ほど前に菊陽町の学童で2年近く働いた。先日、その学童で当時から働いている先生から、木工の注文が入った。内容は、「子どもたちのおやつの時間ではマスクを外すので、アクリル板を立ててコロナの感染防止をしたい。アクリル板は買ってあるので立てるための台座を作ってほしい」というもの◆注文は、25脚。材料を買い、時間を見つけて加工し組み立て、塗料を塗って、出来上がった。工賃含めて1脚400円以下で納品した。納品の日、1脚だけテーブルの上にアクリル板を立ててみた◆近くにいた小学校二年生の男子が「それなあに?」と聞いた。「なんだと思う?」と聞くと、すかさず「ソーシャルディスタンスだ」と答えた。熊本市の学童は、一人当たりのスペースが学校の教室に比べれば狭くて、より一層の三密対策が必要だ◆ソーシャルディスタンス含めて、新たな暮らしの有りようは、子どもたちにもきちんと浸透しているようだ。にしても、以前の当たり前の生活を取り戻し、アクリル板の仕切りが無くても、楽しくおやつが食べられるような時が、早く来ることを願うばかりだ。

Photo_20200914131101 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧