« 徒然日記 Vol 701 | トップページ | 徒然日記 Vol 703 »

徒然日記 Vol 702

くまモンにどつかれて

 23日(火)の休みの日、雪がちらつく午前中に自治労熊本県本部に行き、自治研センターの監査に行ってきた。監査が終わったその足で、古巣の県職労に遅まきながら年始の挨拶に。途中の県庁入り口のイチョウ並木の隅っこで、くまモンが踊りの練習をしていた。記念撮影を頼んだところ、事務局の方が快く、私の携帯で、くまモンとのツーショットを撮影してくれた。くまモンと肩を組んでの撮影が終わり、私が「中身は男?女?」と聞くと、事務局の女性がすかさず「中身は誰も入っていません。くまモンです」と言われ、くまモンからは、軽くお腹をどつかれた。私は「なるほど、そうでしたね」と笑って返した。早速、組合の書記局の女性たちに画像を見せると「くまモンというより、福永さんの姿が面白い」と笑われた。画像の中の私の髪は、風で立ち上がり、遠目にはモヒカン刈りのようだ。自分でも笑ってしまった。年初め早々に、書記局の皆に笑いを届けることができた。ちなみに、連れ合いに画像を送ったらば「どっちがくまモン?」とあったので、友人たちに「クイズ・どっちがくまモン?」と聞いたらば、「どっちもくまモン?」「右側がくまモンのお兄さん」などの返事が返ってきた。

20240123_111054

|

« 徒然日記 Vol 701 | トップページ | 徒然日記 Vol 703 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 701 | トップページ | 徒然日記 Vol 703 »