« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月

徒然日記 Vol 625

決戦の年

 もうすぐ年が明ける。来春には4期目の市議会議員選挙に挑む。決戦の年だ。決して負けない自信はあるが、油断大敵だ。1月4日からは、挨拶まわりが始まり、4月までほとんど休めないことだろう。頑張らねば。年末は忙しくして、年賀状を書き終えたのは、大晦日の今日の午後だった。元日には、届かない。ちなみに、今回の年賀状は、天草下浦の土玩具「アマビエ」を買ってきて、画像に取り込んだ。来年こその、コロナ退散を願ってのことだ。我が身の当選と共に、願いが叶いますように。

Photo_20221231191201

 

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 624

「なんや、その育て方は」?!

 高3になる孫(男)は、すでに来年からの就職が決まった。以前は、長く伸びた髪を、高校の先生から注意されて、その都度、髪を切っていたが、今は、ぼさぼさの髪で過ごしている◆先日、私が「なんや、そのうっとおしい髪は」と言うと「なんや、その薄毛は」と韻を踏んで、即答された。ある日は、中2の孫(女)が、寒いのに、着替えもせず薄着をして寝ころんでいたので「なんちゅう恰好しとるとね、着替えんね」と言うと、近くにいた高3の孫がすかさず「なんや、その育て方は」と突っ込む◆「俺が悪いんかい?育て方じゃなくて育ち方だろもん」と言うと「そうね」で終わった。頓智が働く割には、時々、言葉を知らずに言い間違いをする孫だ。いつかは、バイト先の店長から電話があり「今度来るとき印鑑持ってきてね」と言われて「ハイ、シャチホコでいいですか?」などと言ってしまったアホな孫だ◆店長からは「オウ、ちゃんとシャチホコ持って来いよ」と、返しがあったらしい。笑える話だ。にしても、きちんと育ててきたつもりだが、来年から働く職場で、同僚などと上手くやっていけるのか心配でならない。

| | コメント (0)

徒然日記 Vol 623

壊れる人々 

 最近のニュースで、学校・保育園・福祉施設・病院などでの、子どもや高齢者に関わっての事件が相次いでいる。保育園の通園バスでの児童の置き去り死亡事件をはじめ、保育園での虐待、学校現場での盗撮や、言葉によるものや身体的暴力等。この熊本でも、小学校の教師による度重なる暴言等により、児童が自殺に追いやられた。数年前には、高齢者施設で、介護職員が入所者の高齢女性に暴力を振るい、女性は亡くなった。医療現場でも類似する事件が起こっている◆本来、子どもや高齢者を守るべき、保育士・教師・施設の職員・看護師等が犯罪や犯罪まがいの事件を起こしている。中には保育園の園長自身が、置き去りや虐待の当事者という事件もあった。愕然とさせられるし、ゆゆしき問題だ。先日開催の、議会の厚生委員会で、今回の様々な事案に対して、熊本市としての、現状と今後の取り組みを聞いた。回答は「国からの通知文の発送、そして、今後はキャリアップ研修の充実化に一層取り組む」とのことだった◆私からは、子どもたちや高齢者の命や人権を守るために、市としての独自の取り組みをお願いした。しかし、命や人権を守ることができない、あまりにも疲弊した現場の実態を、どのように把握し、改善できるのかは、非常に難しいことだと思う。今回の事件等は、個人だけの問題ではなくて、現場の人員不足や、過密な労働などによる、ストレスが原因かもしれない◆さらには、そのことを放任してしまう、事なかれの理念なき職場の風土があるのかもしれない。そのことにより、子どもや高齢者の擁護者であるべき職業の人たちが、今や、大切な職業倫理を忘れ去り、心身ともに壊れつつあるのだろうか。壊れる人々を生み出すこの社会の未来は、非常に暗いと言わざるを得ない。熊本市としても、様々な事案の背景をきちんと分析しての、早急なる具体的な取り組みが望まれるところだ。

 

| | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »