« 徒然日記 Vol 587 | トップページ | 徒然日記 Vol 589 »

徒然日記 Vol 588

本の世界に浸る

 高3の孫が、毎日スマホばかり見ているので、彼の誕生日に、図書カードと恩田陸の「夜のピクニック」の本をプレゼントした。しかし、幾日が過ぎても、一向に読む気配が無い。とうとう、諦めて私が読むこととした◆評判に違わず面白かった。高校生たちが、学校の恒例の鍛練歩行祭の行事で、80キロもの道のりを、ただただ歩くだけの話だが、そこに高校生たちの様々なエピソードが描かれ、自分自身の体験と重ね合わせて、感動した◆人物描写が巧みで、主人公たちを含めて登場人物が生き生きとしていて、自分の高校時代にも、こんな奴いたよな、と思わせる。後半では、すれ違っていた主人公の三年生の男女の二人が、心を開き、語り合う場面が秀逸で、何故かしら泣いてしまった。毎日、就寝前に30分から一時間程度のペースで読んでいた◆しかし、ある夜、残り半分ほどになって本を閉じることができなくなり、最後まで読み通してしまった。読み終わったのは、朝の4時過ぎだった。こんなに本の世界に浸ったのは、10年振りぐらいだろうか。読後感は、眠くとも、生きる勇気や希望のようなものをもらい、清々しかった。いつの日か、孫たちが読んでくれることを願うばかりだ。

|

« 徒然日記 Vol 587 | トップページ | 徒然日記 Vol 589 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 587 | トップページ | 徒然日記 Vol 589 »