« 徒然日記 Vol 567 | トップページ | 徒然日記 Vol 569 »

徒然日記 Vol 568

鬼はそと~爺ちゃんもそと~

 熊本でのコロナの感染は、少しずつではあるが減少傾向にはあるものの、未だピークアウトに至らず、病床使用率も80㌫を超えてひっ迫している。私の身近な方たちへの感染も広がっている。ミニバレーの仲間も感染し、市議会議員も48名のうち、すでに4名が感染した。そのうちの一名は、私の会派のT議員◆熱は無くて鼻水と咳だけの症状だからと、今週の団会議に出席していた。その後も、議会棟に来ていた。先日、私からT議員に、感染の疑いありだから検査するように勧めた。本人は、熱が無いから大丈夫と、言い張ったが、熱が無くても感染していた人の話をして、納得して検査することに。結果、陽性だった◆おかげで、昨日は会派の控室は消毒のために閉鎖され、彼以外の議員と事務の職員の9名はPCR検査を受けることとなった。本日の午前中に、私を含む4名の議員は、幸いにも陰性だった。その他の人たちは、夕方以降にしか結果がわからない状況だ。たった一人の、危機管理の甘さから、多くの人が迷惑をこうむることになった◆今回のオミクロン株の症状は、軽いと言われるものの、その感染力はすさまじいものだ。私は、昨夜は家族に移したら大変なことになるので、用心のために、一人で夕ご飯を食べて、湯たんぽを入れて車中泊だった。ちなみに、昨日は節分。コロナという鬼を退治しなければならないのに、「鬼は外で爺ちゃんも外だ」と、孫たちに笑われた。会派の議員、そして事務の職員が感染していないことを祈るばかりだ。※後日全員の陰性が確認され、事なきを得る。

|

« 徒然日記 Vol 567 | トップページ | 徒然日記 Vol 569 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 567 | トップページ | 徒然日記 Vol 569 »