« 徒然日記 Vol 543 | トップページ | 徒然日記 Vol 545 »

徒然日記 Vol 544

お見送りが、追っかけに

 今日は朝早くから、熊本3区から出馬の社民党推薦の馬場さん(県職員時代の労組の先輩)の応援のために、選挙カーの見送りに出かけた。しかし、朝の渋滞にはまり、見送りの時間に間に合わず、次の街頭演説の場所に向かった。途中で運よく、選挙カーと遭遇し、そのまま一時間近く選挙カーの後をついて回り、「お見送り」が「追っかけ」になってしまった◆選挙カーは、川沿いのいくつもの小さな集落をまわり、家の中から声を聞きつけて、幾人かの支持者が道路まで出てきてくださった。そのたびに、馬場候補は、車から降りて挨拶をされていた。集落を抜けて、温泉センター前で街頭演説を10分程度された。私は、持参した栄養ドリンク3本を、馬場さんに渡して別れた◆選挙戦は、残り三日間。候補者にとっては、今が一番、心身ともにきつい時だ。しかし、私よりも一つ上の馬場さんは、声も枯れてはいなくて、元気だった。自民党現職が優位とわかっている中、それでも、必死にあるべき政治の姿などを、熊本弁を交えて訴える馬場さんの姿に、自分の選挙の時の苦労を重ねて、他人ごとではなく、胸が熱くなった◆マスコミの報道では、熊本選挙区の1区から4区まで、自民党と保守系の候補が優位で、野党候補は全滅という。それでも、無党派層の3割から4割は、だれに投票するか決めていない。このままの政治で、良いはずはないのに、また、自民党が圧勝してしまうのだろうか。明日の午後は、一区濱田候補の選挙カーの先導だ。結果は後からついて来る。投票日まで、できることを精一杯頑張るだけだ。

|

« 徒然日記 Vol 543 | トップページ | 徒然日記 Vol 545 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 543 | トップページ | 徒然日記 Vol 545 »