« 徒然日記 Vol 522 | トップページ | 徒然日記 Vol 524 »

徒然日記 Vol 523

面白看板 

 名は体を表す、というが、旅先で、街中のいくつかの看板を見ながら、笑ってしまう時がある。ある街には、「板井歯科医院」という看板が。痛い歯医者さん。行きたくね~。北海道で見た看板「石のカツラ」。石材屋の看板だが、石製のカツラは重たかろう。まさか、藪医者ならぬ、藪医院という病院は無いだろうと思って調べたところ、大阪府堺市にあった。そして、大藪医院は、色んな所にあった。近くに住み通院する人は「やぶ医者に診てもらったよ」などと言っているのだろうか。面白い。熊本でも、お好み焼き屋で「あたりや」というのがある。食中毒の季節には「客足が遠のくのでは?」と心配してしまうのは、私だけ?ウナギ屋さんの看板に「ウナギのひまつぶし」と書いてある。「ひつまぶし」を間違ったか、それとも遊び心?今は無いようだが「竜山病院」や「井尻産婦人科」というのが、あった。あなたの街にも「面白看板」ありませんか?

|

« 徒然日記 Vol 522 | トップページ | 徒然日記 Vol 524 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 522 | トップページ | 徒然日記 Vol 524 »