« 徒然日記 Vol 486 | トップページ | 徒然日記 Vol 488 »

徒然日記 Vol 487

入浴が週に一回に

 コロナの感染拡大が止まらない。熊本市は、医療現場が崩壊の危機を迎えつつあるとして、1月10日に「医療非常事態宣言」を発令した。その後、熊本県は1月13日に県独自での「緊急事態宣言」を発令した。新規感染者を強力に抑え込むために、1月14日から2月7日までの間「県下全域の飲食店への営業時間の時短要請」「市民への不要不急の外出・移動の自粛」「イベントの開催制限の強化、テレワーク・時差出勤等の推進」等を示した。その宣言から10日間が過ぎたが、感染者は減少しつつあるものの、依然として予断を許さない状況が続く◆人の動きを見れば、市内中心部は閑散としているものの、週末の郊外の大規模店舗等には多くの人が買い物等に訪れていて、緊急事態宣言の効果は上がってはいない。市民病院をはじめ医療や福祉の現場でのクラスターも発生している。そのことにより、現場で働く職員が動けなくなり、市民への医療や福祉のサービスがきちんと提供できない事態が生じている。先日は、知人のKさんから「週一回しかお風呂に入れなくなりました」と、SOSの連絡があった◆Kさんは重度の障害があり、自宅で生活するために食事や排せつ等の介助のために重度訪問介護のサービスを受けていらっしゃる。ところが、入浴サービスを提供していた事業所でクラスターが発生し、担当のヘルパーさんもコロナに感染し、週三回の入浴サービスが不可能となった。代替えとして他の事業所が対応したものの、週一回しか入浴ができなくなってしまった。話を聞いて、すぐに市の担当課ともやり取りをしたが、「その他の介護事業所も慢性的な人出不足の中、Kさんのような重度者の入浴介護にあたるベテランのヘルパーの派遣が困難な状況」として、未だ改善に至っていない◆行政と話をするだけで、解決策が見いだせずに何もできずにいる自分がいて、今、悶々としている。コロナの影響で、非正規の働く人を中心に失業者が増大している。女性や子どもの自殺者も増加傾向だ。コロナは、Kさんをはじめ社会的な弱者の暮らしと命を奪っていく。こんな時だからこそ、医療や福祉の現場が連携して助け合い、きちんと医療や福祉のサービスなどを今まで通りに提供できるようにしなければならない。そして、行政としては、市民の暮らしの実態を把握して、問題の解決を図らなければならない。にしても、Kさんは身体は拭いてもらえたにしても、今度の金曜日までの一週間お風呂に入れない。どうしたらいいのだろう?

|

« 徒然日記 Vol 486 | トップページ | 徒然日記 Vol 488 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 486 | トップページ | 徒然日記 Vol 488 »