« 徒然日記 Vol 475 | トップページ | 徒然日記 Vol 477 »

徒然日記 Vol 476

嘘つきは政治家の始まり!?

 安倍前総理大臣のウソがばれた。ホテルでの夕食会で支持者から会費を徴収したが、その不足分を後援会で支出していた、というもの。安倍氏は当時の答弁で、「後援会の支出は無かった」と強弁。今になって、それが事実とは違ったことが判明した◆現在、野党が国会での証人喚問を求めているが、菅総理大臣は拒否している。きっと、安倍氏の国会での証人喚問が実現したとしても、後援会からの支出について「私は知らなかった。秘書が行なったものだ」と言い逃れるのだろう◆夕食会の話のそもそもは、国費を使って国会議員の支持者を接待していた「桜を見る会」の問題から始まったもの。当時、野党が桜を見る会の出席者名簿提出を求めた際は、招待者名簿が破棄されていた。森友学園問題では、公文書が書き換えられていた。書き換えを強要された職員の一人は抗議の遺書を残して自殺した。一国のトップが平気で嘘をつく国に、そして、都合が悪ければ文書を書き換えたり破棄するような国に、未来はあるのだろうか?◆「嘘つきは泥棒の始まり」などと言うが、今や「嘘つきは政治家の始まり」と言われかねない世の中だ。事実を明らかにできない、自浄作用を機能できない、この国。益々、国民の政治への不信が高まることは必至だ。私も政治家だ。「誠実」と言う言葉を胸に、市民の方たちに信頼される市政であることを願って、頑張らなければ。

|

« 徒然日記 Vol 475 | トップページ | 徒然日記 Vol 477 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 475 | トップページ | 徒然日記 Vol 477 »