« 徒然日記 Vol 459 | トップページ | 徒然日記 Vol 461 »

徒然日記 Vol 460

不思議な縁 

 先日、高森在住で、木育の活動をしている方から、ブロック積み木の注文があった。その方とは、数年前に高森町でのアートクラフトフェアで知り合った。建物の一角で、いくつかの木工玩具を広げて、子どもたちに遊びの場所を提供されていた。なぜかその玩具の中に私のブロック積み木があり、びっくりした◆私の積み木が、巡りめぐって、その方の手元に届き、子どもたちの遊び道具の一つとして活用していただいていたのだ。注文があってからの数日後、私の工房までご主人と来ていただき、積み木の他にパズルや車も購入していただいた。そして、更なる注文も◆お二人は、10年前に東京から高森に移住されたとのこと。ご主人は、今、県の委託事業で、県内の様々な伝統工芸品づくりを伝承するために、作者からの聞き取りと製作の過程を画像で記録する仕事をしている、と話をされた◆私が「実家は高森町の福永写真館ですよ」と伝えると「高森に来てから、写真館の娘さん(いとこの娘で高森町の職員)に、すごくお世話になっている」という話になった。私の積み木で繋がった不思議な縁。大事にしなければと思う。

|

« 徒然日記 Vol 459 | トップページ | 徒然日記 Vol 461 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 459 | トップページ | 徒然日記 Vol 461 »