« 徒然日記 Vol 450 | トップページ | 徒然日記 Vol 452 »

徒然日記 Vol 451

お世話になりました

 昨日、訃報が入った。本日、地方紙にも大きく取り上げられたが、連合熊本の元会長の稲田稔さんが79歳で亡くなられた。稲田さんは、私が県の職員労働組合の書記長時代からお世話になった方だ。親分肌で、男気と人情味にあふれ、笑顔の素敵な方で、皆から親しまれ、これまでに稲田さんの悪口を誰からも聞いたことが無い。歯に衣着せぬ人であり、例え相手が国会議員であっても、間違いだと思えば、苦言や意見を述べる方だった◆20年前に稲田さんを団長にして、九州の連合の仲間10数人で、フランス・ドイツ・スウェーデンの福祉と医療の現場の視察に行ってきた。フランスのパリで、稲田さんに迷惑をかけたことが思い出される。パリの午後の自由時間にシャンゼリゼ通りなどを散策した。夕方、地下鉄でホテルに向かったはいいが、地下鉄の出口を間違えてホテルが見つけられず、英語も地図もフランス人には通じず、一時間以上街をさまよった◆ホテルロビー19時集合に30分以上遅れた。焦りまくって、電話連絡をすることもなく、やっとホテルのロビーにたどり着いたときに、稲田さんが「たいぎゃ心配したバイ。警察に届けるところだったバイ」と言われた。叱るのではなく、本当に心配をされていたのが分かる優しい物言いで、心底、皆に迷惑をかけた自分を恥じたものだ◆議員になってからも、ご自宅が近所でもあり時々お会いし、議員活動について色々なアドバイス等もいただいた。熊本地震の際は、病気療養中であり避難所に行くことができずに、自宅での避難生活をされていた。地震後の数日、水や食料をご自宅に持参し喜んでもらった。これまでの三回の選挙では、毎回、選挙事務所に奥様の手づくりの美味しいカステラが届いた。もう、あの素敵な笑顔に接することができなくなった。寂しい限りだ。

|

« 徒然日記 Vol 450 | トップページ | 徒然日記 Vol 452 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 450 | トップページ | 徒然日記 Vol 452 »