« 徒然日記 Vol 446 | トップページ | 徒然日記 Vol 448 »

徒然日記 Vol 447

梅雨が明けて

 熊本は昨日(7月30日)、梅雨明けが宣言された。地球温暖化の影響か、梅雨の期間が年々長くなっている。そして、雨量も増加傾向だ。7月に人吉地域を中心に降り注いだ豪雨は過去に例を見ない、想像を絶する雨量が観測された。今回の豪雨で、防災の拠点となる村や役場の庁舎が浸水し、機能不全に陥った◆全国規模で、いくつもの河川の氾濫が続いている。過去の経験や知見に頼ることができない状況だ。これまで進めてきたような、堤防のかさ上げやダム建設等のハード面の対策だけでは、人命を守ることは困難だ。今後、新たな視点での災害への備えを考える必要があると思っている◆人吉・八代・芦北などの地域では、今もなお7月の豪雨災害からの復旧作業が続いている。コロナの影響で県外からのボランティアの受け入れができずに、人や車や機材等が、大幅に不足し、未だ片付け泥出し等ができずにいる被災世帯が数多くある◆先日、市議会議員の有志でボランティアに行ってきたが、来週は労働組合の仲間と参加の予定だ。仲間の若手の議員数名は、すでに4回5回とボランティアに参加していて、頭が下がる。梅雨が明けて、今日の最高気温は35度。明日以降も毎日のように猛暑日が続く。被災者の方々の健康を願わずにはいられない。

|

« 徒然日記 Vol 446 | トップページ | 徒然日記 Vol 448 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 446 | トップページ | 徒然日記 Vol 448 »