« 徒然日記 Vol 429 | トップページ | 徒然日記 Vol 431 »

徒然日記 Vol 430

トイレの中で・・・

 皆さんは、パルコ出版の「ご教訓カレンダー」をご存じだろうか?もう、40年以上も前から毎年年末に販売されているカレンダーだ。内容は言葉の遊び、標語やことわざなどのパロディーと言えばいいのだろうか、毎年数万作品の応募があり、120作品ほどしか選ばれない。大賞・金賞・銀賞等あり、大賞だと賞金が20万円。ちなみに今年の大賞の作品は「アウト0時/シンデレラ」。毎年カレンダーを購入し、トイレに置いている。三日に一回カレンダーをめくり、面白い作品があれば、トイレで一人でニヤニヤしたりしている。◆私もこれまでに、多くの作品を応募してきたが、20年ほど前に一度予選を通過したのが一回あり、その翌年に入選し、出版社から賞品のカレンダーと、チープな時計が送られてきた。自分の中では、その年の作品の中では最低レベルの下ネタで「こんなにしている間にも腰はカクカクと動いている」というもの。送られてきたカレンダーの、自分の作品が掲載されているページを見ながら、嬉しくも恥ずかしく思ったものだ◆これまでの色んな人の作品の中で、特に印象に残っているのは「べらんだめー/落ちた男」「一家だらーん/ゴールデンウィーク」「行列の先頭の方に汝から並んだのか聞いてきますね」「赤い靴に吐いた女の子」など。いずれも、画像が浮かび、笑ってしまう。私もいつぞや「長靴に吐いた猫」という作品を書いた覚えがあるが、「赤い靴に・・・」のほうが断然、美しい!?下ネタでは「善玉金・悪玉金」「彼女は会社で、ぱんつくれるって」◆ふとした時に思いついたフレーズをメモして、毎年応募し続けて、累計100作品以上となるが、あれ以来まったく採用にならない。年を取り、頭も固くなり、変に考えすぎているのかもしれない。ましてや、応募数が毎年増加し、昨年は42000作品以上の応募というのだから、大変な競争率だ。今年も応募するつもりでいたけれど、思い出した時は締め切りを過ぎていた。いくら頑張っても不採用が続くのであれば、これまで作った自分の作品を並べ立てて、自分用の「ご教訓カレンダー」を作ろうか、などと思ったりもしている。

|

« 徒然日記 Vol 429 | トップページ | 徒然日記 Vol 431 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 429 | トップページ | 徒然日記 Vol 431 »