« 徒然日記 Vol 422 | トップページ | 徒然日記 Vol 424 »

徒然日記 Vol 423

いつかは会える「君」

 コロナのせいで、外出ができず、会えなくなっている人たちがたくさんいる。せめてもと、電話やメール等で近況を確認しあい、いつの日かの再会を約束する。そんな私たちの気持ちを代弁するかのように、素敵な短歌とイラストがネットで話題になっている。作者は、大阪府内の百貨店で宣伝や広報を担当しながら、イラスト等を描いている女性の方。ツイッターで発表後、大きな反響を呼んでいる。コロナのそれぞれの文字を組み合わせると、「君」という文字になる。イラストには、かわいい妖怪アマビエも描き添えられている。作者のアイデアが光っている。にも増して、優しさと希望に溢れた短歌だと思う。色々な人たちに見せて、いつの日かのコロナの終息を願いつつ、元気を広げていきたいものだ。

Photo_20200502125801

 

|

« 徒然日記 Vol 422 | トップページ | 徒然日記 Vol 424 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 422 | トップページ | 徒然日記 Vol 424 »