« 徒然日記 Vol 419 | トップページ | 徒然日記 Vol 421 »

徒然日記 Vol 420

アベノマスクを使ってみた

 二週間前ほどに、わが家に「アベノマスク」が五枚、厚労省から送られてきた。介護事業所「(株)ひまわりらいふ」として登録し、運営しているからということで、国民への配布前に事業所の社員と利用者分への配布だ。わが社の利用者は、もっとたくさんいるのに、たった三枚の割り当てだった。「三枚の根拠は何だ?!」と腹が立ったものの、助かる事業所もあるのだから、などと仕方なく納得した◆配布済みのアベノマスクの一部に汚れ等の不備があり、回収されて再配布がいつになるかわからない。いっそのこと、400億円以上も経費がかかるマスク配布をやめて、他の対策に使ってほしいものだ。国会中継を見ていると、何故かアベノマスクを使っている議員は、安倍首相以外はほとんどいないようだ◆それでも、洗いながら使ってきた、わが家のマスクも底を尽きつつある。ということで、ゴールデンウイークの初日の28日に、アベノマスクを使って過ごしてみた。付けてみると、確かに小さくて、鼻を隠せばあごが出てしまい、あごを隠せば鼻が出てしまう。布なので肌には優しい、息継ぎも思ったより楽にできる。通常のマスクに比べれば、感染防止の効果は低いと聞いているが、貴重な国民の税金で配布されたマスクだ。何度か洗って大事に使おうと思う◆ちなみに、アベノマスクの発注の予算は70億円台。そして、配布の予算を足して400億円以上となる。マスクは手づくりすればどうにかなるが、ひとり親の家庭や、会社から一方的に解雇されたりした人など、明日の暮らしもままならずに途方に暮れている人たちが数多くいるはずだ。そんな人たちを助けるためにこそ、お金を使ってほしいと思う。しかし、どうしても全国の各世帯に二枚ずつ配るというのであれば、一体なぜ、そんなに経費がかかるのか、明確にしてほしいものだ。

2020042919121801

 

 

|

« 徒然日記 Vol 419 | トップページ | 徒然日記 Vol 421 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 419 | トップページ | 徒然日記 Vol 421 »