« 徒然日記 Vol 360 | トップページ | 徒然日記 Vol 362 »

徒然日記 Vol 361

ときめく心

 若い頃には、色んなことに対して、ときめいたものだ。年を取っても、ときめく心は無くしたくないものだが、薄くなっていく髪の毛と同じように、近頃、少しずつ何かしら冷めていく自分がいて、寂しくなる■2006年の春に一人旅に出て、北海道の西海岸で島の遠くに沈みゆく夕陽を見て、何故かしら嗚咽するほどに泣いたことがあった。あれほどに、心が、というよりも魂が揺らぐような感動を覚えたことはなかった■今でも何故泣いてしまったのか、きちんと説明はできない。あえて説明するなら、「自然の偉大さや美しさに対する感動」「遠くの夕陽の光が、足元まで届き、私だけを照らしているように感じたこと」「ストレスに潰れそうになりながら、一人で旅に出ての感傷」等■いずれにしても、あの夕陽の光を浴びて泣いた日から、心の澱がスーッと消えて、身体が軽くなり、残りの旅を続け、元気に熊本に帰り、そして、前を見て歩き出すことができた。今考えると、あの旅が無かったら、きっと今の僕は、無かっただろうと思っている。これから先、ときめきは無くしても、夢は、まだある。がんばろう。

このコラムを書いてから、あの北海道の景色や、あの時の心情などを思い出して「この胸の」という歌が出来上がった。あの旅から実に、12年。いつか歌にしようと思っていて、やっとできた。

 

遥か彼方の島の向こう

 

真っ赤な夕陽が沈んでいく

 

疲れ果てて座り込んだ

 

岸辺の足元まで光が届く

 

見果てぬ夢を追いかけて

 

道標となる光を失くし

 

重き荷を背負い彷徨って

 

遠く永い旅を続けた

 

この胸の この胸の

 

ときめきは何だ

 

 

真っ赤な夕陽の眩しさよ

 

その光の優しさよ

 

何故だか涙が溢れきて

 

涙が涙が止まらない

 

悩み惑うことなど何もない

 

嘆き悲しむこともない

 

全てをありのままに受け止めて

 

また立ち上がり歩き出そう

 

この胸の この胸の

 

ときめきは何だ

 

遥か彼方の島の向こう

 

真っ赤な夕陽が沈んでいく

 

涙枯れ果て見上げた空

 

一番星が輝き始めた

 

この胸の この胸の

 

ときめきは何だ

 

この胸の この胸の

 

ときめきは何だ

 

|

« 徒然日記 Vol 360 | トップページ | 徒然日記 Vol 362 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/73919270

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 361:

« 徒然日記 Vol 360 | トップページ | 徒然日記 Vol 362 »