« 徒然日記 Vol 349 | トップページ | 徒然日記 Vol 351 »

徒然日記 Vol 350

嬉しきこと

 先日、悩ましくもありながらも、嬉しい相談を受けた。8年前に熊本で保育関連の集会があり、木こり屋として、出店した。当日は、参加者の方から、たくさんの作品を購入いただいた。その中に、神戸の乳児院の院長さんがいらっしゃって、食育食器と一緒に、私の作品である、椅子を気に入っていただき、6脚ほど購入された■8年後の先日に、その院長先生から連絡があり、「椅子4脚が、使っているうちに壊れたので修理をしてほしいが、いくらかかるでしょうか」という、お尋ねだった。私の回答は、タダでできるものの、椅子の送料だけで往復8千円程度かかるので、椅子の代金と変わらない出費が必要、ということで三つの提案をさせていただいた■①兵庫に友人がいるので、お急ぎでなければ、友人に会いに行ったときに、無料で出張修理をする②大工の人であれば修理は簡単にできるので、近隣の大工さんを探して相談されては③同じデザインの椅子で、値段は高くなっているが、注文があれば対応する■現在は、院長先生の返事を待っているところだ。8年間も大事に使っていただいたこと、なおかつ捨てることなく修理の相談をいただき、ありがたいものだ。時間が許すならば、すぐにでも神戸に飛んで、修理できればと思っている。しかし、もうすぐ議会が始まる。そして、来年は選挙の年で、すでに当選をめざしての活動が始まっている.それでも、息抜きと、木こり屋としての営業も兼ねて、行ければいいなと思っている。

|

« 徒然日記 Vol 349 | トップページ | 徒然日記 Vol 351 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/73578558

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 350:

« 徒然日記 Vol 349 | トップページ | 徒然日記 Vol 351 »