« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

徒然日記 Vol 335

池上彰講演会 防災を人権の観点から考える  
   1月10日に市民会館で、池上彰氏の講演会があった。阪神淡路大震災や東日本大震災などの現地取材に基づいた、説得力のある講演内容だった。特に印象に残ったのは、釜石の教育の実践としての「津波てんでんこ」の話と、「道徳教育で『人権を守りましょう』ではなくて、相手を思いやり、相手にとって居心地のいい環境を考えて創ることが大切」という言葉。そして「私たちは、震災の記憶をきちんと記録し、災害に備えて何が必要かを次世代に伝えていく責任がある」という言葉だった。それにしても、彼の語り口の上手さは見習うべきものだ。語りの技術もすごいが、聴衆を引き付ける力は、池上氏本人の人間性にあるのだと思う。会場の外は、冷たい風が吹き氷雨が降っていたが、温かい気持ちで会場を後にすることができた。
 
↓会場は二階席含めてほぼ満席
  Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒然日記 Vol 334

ただの人?!

 あっという間にお正月も終わった。三日からあいさつ回りを始め、地域でのどんどやや新年会、さらに出初め式やら労働団体の旗開き等、忙しい毎日だ。昨日は、連合熊本の旗開きがあった。昨年の衆院選で落選した松野頼久さんに久しぶりに再会した。何も言わず、ただ固く握手を交わした。政治家は落選したら「ただの人」と言われるが、次をめざしてコツコツと頑張ってほしいものだ。私も来年は選挙。「ただの人」と言われないように、シッカリとガンバロウ。

↓1月7日出初式

1

Photo



| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒然日記 Vol 333

三期目の当選に向けて

明けましておめでとうございます。
   今年もどうぞよろしくお願いします。

 新年を迎え、私はひとつの目標を決めた。それは、体重を60キロ台まで落とすことだ。毎年のことだが、年末には忘年会が数多くあり、飲んで食べて、運動はしないものだから、我が人生最大の75キロに到達してしまった。結果、身体が重く、膝も時々痛くなる始末。これはいかんと思い。年末から、朝と昼は軽くすまして、「一日一食」の日々を送っている。おかげで、3キロ近く体重が落ちた。これから、来年の選挙に向けて、この足を使って地域まわりの日々が続く。決意は重く、身体は軽くして活動しなければならない。前回の選挙は、定数の10名の立候補しかなく、無投票で当選した。仲間から、楽勝議員とかお気楽議員とか言われたりしたものだ。来年の選挙では、きちんと市民の方々の審判を受けて、三期目の当選を勝ち取り、胸を張って祝福を受けたいものだ。

↓ 2018・1・4  夕焼け

2018010317260000_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ