« 徒然日記 Vol 318 | トップページ | 徒然日記 Vol 320 »

徒然日記 Vol 319

終戦記念日に思うこと

北朝鮮は、85日の安保理制裁決議を受けて、グアム沖に4発の中距離弾道ミサイルを撃ち込む案を検討中と発表した。ミサイルが発射されれば、島根・広島・愛媛・高知の4県の上空をミサイルが通過する■これに対して日本は、ミサイルを撃ち落とすために、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオットと、日本海上にイージス艦を配備するという。このまま、米国と北朝鮮の脅し合いの外交が続けば、大変なことになる■現在、国民の半数以上が、憲法改正に反対であるが、北朝鮮がミサイルを発射すれば、今後、国民の多くが憲法改正を望み、そして、北朝鮮への報復を望むのだろう。政府として、日本国民の命を守ることは重要な責務だ。しかし、対話無き安易な武力行使は、悪しき戦争への道を突き進むことになる■あの悲惨な戦争を経験した日本の役割は、米国との共同の武力行使ではなく、日本としての平和のための対話を求める、外交力を発揮すべきだ。今、私たちは、戦争と平和の狭間にいる。この危機を乗り越えなければ、大変な時代がやって来る。

|

« 徒然日記 Vol 318 | トップページ | 徒然日記 Vol 320 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/71426287

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 319:

« 徒然日記 Vol 318 | トップページ | 徒然日記 Vol 320 »