« 徒然日記 Vol 301 | トップページ | 徒然日記 Vol 303 »

徒然日記 Vol 302

復興元年に向けて

 熊本地震を受けて、昨年の6月に議会として、復旧・復興特別委員会が設置された。委員会のメンバーは48名の全議員で構成し、6月以降、3月8日までに計8回の委員会が開催された。私も8回の委員会中に4回ほど質問・提言等を行ってきた■そして、私も含めて、多くの議員の質問や提言等をもとに、今回最後の委員会で、地域防災計画の改定版の骨子が示された。内容は、熊本地震の経験を踏まえて、物資の備蓄や配給計画の見直し、地域避難所の拡充の取り組み、行政と地域連携の避難訓練の実施の計画等が示され、これまでの計画に比べて、より具体化することができたと思っている■私も最後の委員会で、計画の実効性を高めるために、最後の質問提言を行った。特に私がこれまでにこだわって主張してきたのは、地域の防災力を高める取り組みの具体化に向けての手法や予算の確保策、災害弱者と言われる高齢者や子育て世代や障がい者の方々に対するきめの細かい対応、更には市全体としての地域力の向上策等だ■災害は忘れたころにやって来る、と言うように、今こそ震災の記憶を繋ぎ、地域の災害対応力・地域力を高める絶好の機会だと思っている。計画ができたことで安心することなく、復興元年として、孫や未来の子どもたちのためにも、今回の計画の推進に向けて議員として、地域の役員として、しっかり頑張りたいと思っている。

|

« 徒然日記 Vol 301 | トップページ | 徒然日記 Vol 303 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/69852726

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 302:

« 徒然日記 Vol 301 | トップページ | 徒然日記 Vol 303 »