« 徒然日記 Vol 282 | トップページ | 徒然日記 Vol 284 »

徒然日記 Vol 283

議会で質問

現在、議会開会中。先日は、一年振りに質問に立った。昨年の登壇では、時間が足りなくなって、質問の内の二項目は要望に変えて、与えられた質問の時間内で終了。今回は、昨年の反省を踏まえて、質問内容を少なくして挑んだものの、今度は、30分以上も時間が余ってしまった■質問する時いつも、話すスピードが速すぎるので、ゆっくりと話すように心がけた。しかし、長年の癖でやはり早口になってしまった。今回で6回目の登壇だが、何回経験しても、緊張するし、思ったような満足のいくやり取りができなかった。ということで、質問が終わっても達成感は無く、反省することばかりだ。今回の質問内容は、市民サービスの確保をテーマに6項目について質問や提言を行った■内容は「復旧・復興に向けて国への予算要望の必要性と市長の姿勢」「災害対策としての具体的なハード・ソフト対策」「事業費15%・時間外35%削減の目的・内容等の確認と市民サービス低下の懸念の訴え」「介護に携わる人材の確保策の具体化」「保育の質の確保のための具体的な対策」等について、国の制度内容や現場の実態や市民の声等を伝えて、基本的な態度・方針等について答弁を求めた。答弁の中で、災害対策として評価すべき具体的な内容が二つ示された。ひとつは、「今後、各区役所に防災担当職員を配置」。もうひとつは「4月の1415日に防災訓練等の実施を検討」■今回の質問をするにあたって、10月末に名古屋市に視察に行ってきた。名古屋市は伊勢湾台風で多くの犠牲者を出して以降、昭和の時代から「市民総ぐるみ避難訓練」を実施してきた。また、各区や地域に防災担当の職員と地域の代表者も配置してきた。視察後に、事前の根回しとして熊本市の担当課に名古屋市の資料を渡して、名古屋市の先進的な取り組みを参考にして前向きな検討をお願いしてきた。今回の私の質問と提言で、「市民の安全安心を守る」ことや、「上質な生活都市くまもと」の実現に向けての取り組みが一歩進むことに、達成感は無くとも、少しだけではあるが喜びを感じているところだ。

|

« 徒然日記 Vol 282 | トップページ | 徒然日記 Vol 284 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/68774712

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 283:

« 徒然日記 Vol 282 | トップページ | 徒然日記 Vol 284 »