« 徒然日記 Vol 280 | トップページ | 徒然日記 Vol 282 »

徒然日記 Vol 281

地域の絆で・・・

 昔から様々な地域で季節ごとに夏祭りやどんどや等、様々な行事が行われている。私の住む北区武蔵校区でも、毎年お正月のどんどやから始まり、地蔵祭りや夏祭りや秋フェスタや年末の餅つきなど、様々な行事が行われている。昨日の土曜日から今日にかけては、秋フェスタが小学校で行われた。もう、⒛年以上も続く秋の祭りの行事だ◾️4年前ほどから、フェスタの前日の夜に「武(たけ)あかり」の名称で武蔵小学校のグラウンドに、手づくりの灯篭の明かりが灯されるようになった。私も、陽が落ちた19時過ぎから見学に行ってきた。グラウンドの一角に、事前に準備された灯篭と、地域の子どもたちが持ち寄った牛乳パックの灯篭など1000個以上が美しく光り輝いていた◾️翌日の日曜日は、グランドゴルフや昔あそびなどが行われ、手づくりの焼き鳥や揚げパンの店や、すのこづくりの木工コーナーなどが設けられ、子どもたちを中心に多くの人たちでにぎわった。この行事は当初秋祭りとして、⒛年以上前、土曜日が休みとなった頃から、PTAを中心に始まったとのこと。夏祭りやどんどやも、40年以上も前から続いている◾️これらの行事を毎年継続して開催するためには、地域の絆が無ければ、けっして続かないものだ。そんな中、震災を受けて、この夏、夏祭りが中止になった地域もあった。夏祭りが無かったことで、地域の絆がほつれてしまわないかと、心配になる。たった一つの灯篭よりも、多くの灯篭が並べられて初めて、美しい光景が生まれる。そしてその灯篭には一人ひとりの願いも灯されていると思う。全ての地域の人々が震災に負けることなく、絆を紡ぎ続けてほしいものだ。

■武あかり ↓
2016110618030000

|

« 徒然日記 Vol 280 | トップページ | 徒然日記 Vol 282 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/68285706

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 281:

« 徒然日記 Vol 280 | トップページ | 徒然日記 Vol 282 »