« 徒然日記 Vol 271 | トップページ | 徒然日記 Vol 273 »

徒然日記 Vol 272

願いと祈り
    恒例のお盆の三泊四日の家族キャンプが終わった。私たちは、短いバカンスを惜しむように、忙しく遊びまわり過ごした。山上のキャンプ場を拠点に、海水浴やシーカヤックや釣りなどを満喫した。キャンプ場で過ごした三日間は、一組が一泊しただけで、ほとんど貸切状態だった■山上を吹き渡る風は涼しく、夜はたくさんの星が輝き、朝は鳥たちのさえずりで目が覚める。県内でも、山と海の自然を一緒に体感できる所は、数少なく.、これほど魅力的な所は無いと思う。それでも利用者が少ないのは、キャンプ場までの距離が遠いことや、テントサイトまでの荷物運びが嫌だからだろうか■整備された環境の中で、多くの人たちがひしめき合ってのキャンプや川遊びや海水浴などの光景を見るにつけ、楽しさや遊びの基準や価値観が、私たちとは違うことを知らされる。私たち家族のように、どこでも眠れる、どこでも遊べるような、そんな家族自体が少ないのかもしれない■子どもは遊ぶのが仕事だ。自然豊かな海や山に放り出せば、自分たちで、そして時間を忘れて遊ぶのが本来の姿だと思う。真っ黒に日焼けした孫たちの顔を見ながら、「お前たちの子どもにもキチンと自然との付き合い方や遊び方を伝えてくれよ」と願う。最後の日、孫たちとテントサイトの周りのゴミを拾いながら、「また来年も来れるように・・」と祈った。

■龍ヶ岳山上キャンプ場

Photo

■釣りをするカカシ
Photo_2

■夕景色

Photo_3

|

« 徒然日記 Vol 271 | トップページ | 徒然日記 Vol 273 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/67045041

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 272:

« 徒然日記 Vol 271 | トップページ | 徒然日記 Vol 273 »