« 徒然日記 Vol 266 | トップページ | 徒然日記 Vol 268 »

徒然日記 Vol 267

「おなくなりになりました」
   震災後からずーっと地域役員としての活動と議員としての活動、そして、7月10日に行われる参議院選挙に立候補予定の「あべ広美」の事務所の事務局長としての活動の日々が続く。この間ほとんど休みがない。それでも時間を見つけて、散髪に行ったり、温泉に行ったりした■身体は正直で、そんな日は心身共にスッキリとする。ところが選挙も近まり、近頃はそんな時間もない。おかげで相当疲れがたまっている。疲れがたまると思考力も判断力も低下する。そんなある日、早朝から三人のスタッフで選挙関係で汗をかいた後、コンビニにコーラを買いに行った。カードを出して清算するときに、店員の女性が「お金が足りません」と言う。「あれ?残金がまだあったと思うけど」と言うと、「(残金が)おなくなりになりました」との答え■一瞬意味が分からなかったが、残金が無くなったと理解した。言葉の頭に「お」をつけての、言い間違いだ。店を出てからしばらくして、そのおかしさがこみ上げてきて、笑ってしまった。先日、血圧の薬が切れて、かかりつけのお医者さんのところに行ってきた。発災後には病院に行く暇がなくて、薬だけもらったので、先生に会うのは四ヶ月ぶり。診察室に入るなり「忙しいでしょう?大丈夫ですか?」と聞かれた■私はすかさず「先生『即入院』って言ってくれません?そしたら何もしなくてよくなるんですが」と言うと、ツボにハマったらしく診察室に先生の大きな笑い声が響いた。いくら疲れたからといって、笑うことを忘れてしまうと、心も病んでしまいそうになる。「福永さんは?」「お亡くなりになりました」と言われないように、体をいたわりながら、できることを淡々とやるしかない。

|

« 徒然日記 Vol 266 | トップページ | 徒然日記 Vol 268 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然日記 Vol 266 | トップページ | 徒然日記 Vol 268 »