« 徒然日記 Vol 256 | トップページ | 徒然日記 Vol 258 »

徒然日記 Vol 257

被災者に寄り添って
14日の地震から今日まで全くブログを書く暇がなかった。最初の三日間はほとんど眠らず、公園での炊き出しから始まり、地域の避難所回り等やってきた。自宅の被害は雨漏りと内部の壁が剥がれた程度。ただし、食器や家財が散乱。被災時から家族は近くに公園にテントを張り生活。高齢の母は、近くのコミセンに被災後5日目に避難。ライフラインは、電気だけがOKで、水とガスが一昨日から生き返った。三日前から、自宅の庭にテントを張り、やっと片付けが始まった。この間、多くの出来事があった。地域力が問われた二週間だった。怒ったり泣いたりため息をついたりの日々だった。神がかり的な出来事がいくつも起こった。多くの人に失望し、多くの人に希望をもらった。たった二週間の出来事。しかし、誰にも経験できないことが経験できた。被災者に寄り添って、今日も活動開始。二週間の記録は、いずれ整理して報告したい。

|

« 徒然日記 Vol 256 | トップページ | 徒然日記 Vol 258 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/65220196

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 257:

« 徒然日記 Vol 256 | トップページ | 徒然日記 Vol 258 »