« 徒然日記 Vol 240 | トップページ | 徒然日記 Vol 242 »

徒然日記 Vol 241

県職連合ユース部餅つき

 1222日は、朝から県庁に行ってきた。その日は、県の労働組合のユース部恒例の餅つきだった。この餅つきは、かれこれ50年以上は続いているもの。当日は、年休を取ったユース部の若手が、組合事務所前の広場で餅をついた■しかし、毎年の恒例としながらも、初めての人が多くて、杵を持つ手がおぼつかない。駆けつけた西県議と一緒に、餅のこね方からつき方までを教えることになった■初めのうちは、粒の残った餅だったが、中盤ぐらいから餅らしい餅が出来上がった。先日は、地域でも餅つきがあったが、若い人たちは経験が無くて、尻込みして見ているだけだったり、餅をついても、一回ほどで息が上がり、力尽きてしまう人が多かった■私が子どもの頃は、年末になると家々から餅をつく音が聞こえてきた。今でも、父や叔父たちが餅をつき、母たちが餅を丸めている姿が目に浮かぶ。そんな伝統行事も、家族の在りようの変化で、ほとんど見られなくなった。出来立ての餅をほおばりながら、季節季節をきちんと祝う行事を、違う形でも次の世代に繋いでいかなければ、と思ったものだ。

□当日は蒲島知事もかけつけて一緒に餅をついた

Photo

|

« 徒然日記 Vol 240 | トップページ | 徒然日記 Vol 242 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/63176180

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 241:

« 徒然日記 Vol 240 | トップページ | 徒然日記 Vol 242 »