« 徒然日記 Vol 230 | トップページ | 徒然日記 Vol 232 »

徒然日記 Vol 231

父の思い出

 私の父は、私が6歳の時に34歳の若さで亡くなった。病名は悪性リンパ腫という癌。亡くなる2年ほど前から体調を崩していたが、大の病院嫌いで、衰弱して通院した時は全身にリンパ腫が広がっていて、ほとんど手の施しようが無く、入院して一年ほどで亡くなった■父のことで、よく覚えているのは、街中で飲み会があると、必ず美味しい大学芋を買ってきてくれたこと、酔っぱらってマリリン・モンローのモンローウオークをしていたこと、夏の夕方の部屋の布団の上にパンツ一枚で、うつぶせになり、身体中に田んぼのヒルを這わせていたこと、私の髪を自宅で切る時に、父と母とで鋏の握り方で喧嘩していたこと、など■特に、体中にヒルを這わせていたのは奇妙な光景で、よく覚えている。そのとき、母が、「ヒルが身体の悪い血を吸ってくれるんだって」と言っていた。私は「へ~」と感心したものだ。あれから、50年以上もたった。様々な抗がん剤や治療法も開発されたが、未だ癌の制圧はできていない■今でも、身近な人たちの多くが癌で亡くなっていく。いつの日かすべての癌を制圧できることを願っている。いずれにしても、私の人生は、若くして逝ってしまった父の人生に比べれば、オマケのようなものだ。オマケだからこそ、父の分も含めて日々を大切に生きなければと思う。

|

« 徒然日記 Vol 230 | トップページ | 徒然日記 Vol 232 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/61496103

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 231:

« 徒然日記 Vol 230 | トップページ | 徒然日記 Vol 232 »