« 徒然日記 Vol 202 | トップページ | 徒然日記 Vol 204 »

徒然日記 Vol 203

一票の重み

  昨日、西県議と二人で、県庁に行った。私を知っている方が、冗談交じりに「楽な選挙だったね~。運がよかバイ、ほんとついとるバイ」などと言って、当選を喜んでくれた。今回の選挙で、自ら「楽勝議員」という言葉を使ってきたが、他には「棚ぼた議員」やら「お気楽議員」などと冗談を飛ばす人もいる■それでも、「これまできちんと活動してきた」という自負があるから腹も立たず笑ってすませる。今回の選挙では、私の所属する会派:市民連合の同僚・先輩議員は、私を含めて7名が立候補した。その内、6名が当選し、前市議の村上さんも当選したが、残り一名の南区選出の田辺先輩の当選が決まっていない■なんと、南区の定数8人の8番目に、田辺先輩ともう一人が4515票の同数となり、本日くじ引きにより勝敗が決まる。たった一票されど一票。一票の重みが私にも重く響く。くじ引きで、人生が決まる。さらには、二人の勝敗で、わが会派が現状の第三会派に留まるのか、第二会派となるか、ということも決まる■田辺先輩にはぜひ勝ってもらいたい。そして後日、冗談で「くじ引き議員ばんざい」と言って当選を喜びたいものだ。しかし、なにせ、くじ引き。運を天に任せるしかない。ある方が「田辺さんは強運の持ち主。大丈夫バイ」と言っていた。「勝って!勝って!」と念じながら、午後三時以降の吉報を待つしかない。

|

« 徒然日記 Vol 202 | トップページ | 徒然日記 Vol 204 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/59637152

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 203:

« 徒然日記 Vol 202 | トップページ | 徒然日記 Vol 204 »