« 徒然日記 Vol 203 | トップページ | 徒然日記 Vol 205 »

徒然日記 Vol 204

一票の重み Vol 2    

   南区の選挙で4515票の同票数でのくじ引きで、わが会派の田辺先輩が勝利した。勝利を15時過ぎに知り、16時以降先輩に電話するも繋がらず、18時過ぎに田辺先輩から電話があった。私の「良かったですね」に「心臓に悪かバイ」の言葉■夜のテレビでは、二人の候補者のくじ引き前からの様子が報じられた。先日、仲間内で「田辺先輩は今頃、神社に行ってたりして」と話していたらば、近くの川尻神社で神妙な顔で勝利祈願をする田辺先輩の姿が報道されていた■くじは筒の中に入った1から10までの数字が記された棒を選び、少ない数字を引いた者が勝ち。抽選で、最初に田辺さんがくじを引くことになり3番を引き、もう一人の候補が10番を引いた。負けた候補者が苦笑いで、田辺先輩は無表情だった■画面を見ながら人ごととは思えなかった。 負けた候補者のみならず、候補者に投じた有権者の心境や如何に?あと一票さえあれば、あと一人に電話していれば・・・などと悔やまれていることだろう。田辺先輩の勝利を喜びながらも、なぜかスッキリしないのは私だけだろうか?

|

« 徒然日記 Vol 203 | トップページ | 徒然日記 Vol 205 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/59644684

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 204:

« 徒然日記 Vol 203 | トップページ | 徒然日記 Vol 205 »