« 徒然日記 Vol 101 | トップページ | 徒然日記 Vol 103 »

徒然日記 Vol 102

春に粉雪

4月の6日・7日に開催された「阿蘇たかもり春のアート&クラフトフェア」に木工作家「木こり屋」として参加して来た。日頃から時間を見つけては作品を作ってはきたが、出店するには作品数が少なく、1日から孫二人を連れて、高森の工房に泊まりがけで作品作りに没頭した。合間には友人のMさんが手伝いに駆けつけてくれて、どうにか間に合った■しかし、フェア初日は一日中雨模様、二日目は朝から粉雪が舞い、両日を通して天候に恵まれず、客足は昨年の三分の二程度。それでも、常連のお客さんも幾人か来ていただき、新作のオートマタ(からくり箱)も含め、多くの作品を購入していただいた。また、主催者に頼まれて創った隣の遊び場のブースには、多くの親子連れがやって来て、私の作った積み木やコマなどの玩具類でしっかり遊んでくれた■4歳と8歳の孫の成長にも驚いた。私の木工作業中は、作業の邪魔をすることもなく、二人で泥遊びやブランコやお絵かきや読書やらと仲良く遊び、ほとんど手がかからなかった。そして、フェア最終日の片づけまで手伝ってくれた。小さな身体で荷物を何回も運んでくれた。4歳の菜々美に「疲れたでしょう?休憩していいよ」と言うと「じいちゃん大変そうだから手伝うよ」と言ってくれた■桜と菜の花に雨と雪降る寒いフェアだったが、孫たちだけでなく常連さんや友人に助けられて、心温まる一週間だった。皆さんに、心から感謝したい。

2 Photo

|

« 徒然日記 Vol 101 | トップページ | 徒然日記 Vol 103 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/51143217

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 102:

« 徒然日記 Vol 101 | トップページ | 徒然日記 Vol 103 »