« 徒然日記 Vol 96 | トップページ | 徒然日記 Vol 98 »

徒然日記 Vol 97

「高森のにおいがする」

 私は、高森町の前原という所(根子岳の南側)に木工房として家を借りている。先日、一泊二日で作業をしてきた。夕方帰るなり、4歳になる孫の菜々美が私の膝に絡み付いて「お帰り」と言った後に「高森のにおいがする」と言った。私が「木のにおいかな」と聞くと「ううん、お仕事のにおい」と答えた。「お仕事のにおいって、どんなにおい?」と再び聞くと「じいちゃんのにおい」と答える。菜々美にとっての「じいちゃんのにおい」とは、いったいどんな匂いなんだろう?もしかして加齢臭?!判然としない孫の答えに、これからどうしたものかと、戸惑うじいちゃんだ。

↓新作のオートマタ

2013021319470000

|

« 徒然日記 Vol 96 | トップページ | 徒然日記 Vol 98 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/49384222

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 97:

« 徒然日記 Vol 96 | トップページ | 徒然日記 Vol 98 »