« 徒然日記 Vol 78 | トップページ | 徒然日記 Vol 80 »

徒然日記 Vol 79

7・12水害報告 Vol

 7月12日の北部豪雨災害から三週間目を迎えようとしている。地元の龍田地区の被害は全半壊158世帯床上165世帯となっている。これまで、時間があれば被災地や避難所などを視て回り、多くの方々の意見や要望を聞き、できることは行政の担当に繋いできた。昨日の午後は、龍田陳内の知り合いの方の見舞いに伺った。工事関係者がリビングの床を張り替えていたが、知人は和室で横になって昼寝の時間、声もかけずに立ち去った。熊本市内は幸いにして死傷者はいなかったものの、いまだ自宅に帰ることもできずに避難所で生活されている方々が14世帯27名いらっしゃる。また親戚や友人知人の家に身を寄せている方も多くいらっしゃる。心身ともに疲れきった方々の体調が心配だ。避難所は現在三箇所。陳内公民館と龍田小学校には冷房があるが、3世帯6名の方が避難されている龍田体育館には冷房が無い。行政としても冷房のある龍田小学校の教室への移動を勧めているが、全員「動かない」とのことだそうだ■行政としての初動体制には、いささか問題があったものの、その後の被災地の復旧は、道路の確保から始まり、多くのボランティアの方々の労力により家屋内外の土砂の撤去や家財の片付け等も一段落した。今後は、被災者の生活再建に向けて、行政としてできうることを最大限に発揮しなければならない。被災された方々の意見や要望としては、「何故避難の指示が遅れたのか?防災無線や水防サイレン設備を早急に整備して、危険時には住民の生命・財産を守ることのできる体制づくりをきちんとしてほしい」「川底に多くの土砂が堆積している。台風シーズンを迎える中、更なる洪水が心配。危険箇所の整備を急いでほしい」などの意見が上がっている■先日伺った所では、奥さんが家の周辺を一人で片づけをされていた。「職場の仲間や、ボランティアの方々のおかげで、だいぶ綺麗になったが元の暮らしに戻るには、まだまだ時間がかかる。ずっとこの家で暮らしたいと思っている。でも、今のままでは不安だ。川の改修や防災体制がきちんとできるまで安心できない」と話をされた。ジリジリと照りつける真夏の太陽の下、未だ汗と泥にまみれての家の片づけが続いている。8月27日開会の9月議会では、2910時からのトップバッターでの質問に立つことになった。被災者の方々のご苦労と、その願いに思いを寄せて、市としての今後の具体的な取り組みの回答を引き出さなければならない。

◆写真

①龍田小分離校予定地に集められた瓦礫と土砂

②龍田小の避難所 7月29日現在6世帯11人

③寄せ書き 龍田出張所前

Photo_4 Photo_5 Photo_6

|

« 徒然日記 Vol 78 | トップページ | 徒然日記 Vol 80 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/46515530

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 79:

« 徒然日記 Vol 78 | トップページ | 徒然日記 Vol 80 »