« 徒然日記 Vol 62 | トップページ | 徒然日記 Vol 64 »

徒然日記 Vol 63

どぎゃんすっと?

 先日、熊本市の企画課からアンケート用紙が送ってきた。内容は、「市民の中から無作為に一万人を抽出しました。つきましては、まちづくりに関してのアンケートに協力してください」という内容だった。生まれつきクジ運の悪い星の下に生まれた私。しっかりと資料を読んで回答したからといって何か貰えるわけではない。新年早々、これは当りなのだろうか?ハズレなのだろうか?■私は、昨年の議会で「『日本一住みやすいくまもと』について、単なるスローガンに終わらせないために、きちんとした指標を用いて政令市前後に調査をして検証する必要がある」と意見を述べた。執行部の回答は「毎年実施している一万人の市民アンケートにより検証する」だった。そのアンケートが、質問をした翌年に、議員である私の元に届いたのだ。一瞬「ん?」と思った。もしかして無作為ではなく作為ではと■回答した後は無記名での投函となると書いてある。せっかくの機会でもあり、いち市民の立場で回答することにした。設問を読み、回答欄に鉛筆で番号を選び記入をした。しかし、最後のほうに校区や年齢や職業を書く欄があり、そこで、はたと困ってしまった。年齢と校区を書いたものの、職業欄に市議会議員と書くべきなのかと。無記名での投函であっても、武蔵校区58歳で市議会議員と書けば、私だと分かってしまうではないか■そもそも、日頃から市の行政に対してのチェックや、そのあり方に物申している議員にアンケートを依頼していいものだろうか?市民であっても市議会議員や市の職員などは回答者からは外すべきでは?職業だけ変えてこのまま投函すべきか?連れ合いなりに書いてもらうべきか?はたまた企画課の担当職員に聞いて対処すべきか?アンケート用紙が来なかったことにしてそのまま捨て去るべきか?たった一人のアンケートの回答で熊本市の将来のまちづくりの方向が変わることは無いと分かってはいるものの、どうしたものか悩んでいる。結論を出せずに、小心者の私は食事ものどを通らない日々を過ごしている。どぎゃんすっとよかっだろかい?

|

« 徒然日記 Vol 62 | トップページ | 徒然日記 Vol 64 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

普通に会社員でいいんじゃないですか?悩まんと。

投稿: ワンワン | 2012年2月 2日 (木) 08時20分

そうなんです。議員でもあるけれど。いち市民で、いち会社員なのです。私は・・・。

投稿: ようちゃん | 2012年2月 2日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/43882770

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 63:

« 徒然日記 Vol 62 | トップページ | 徒然日記 Vol 64 »