« 徒然日記 Vol 48 | トップページ | 徒然日記 Vol 50 »

徒然日記 Vol 49

海の中のサングラス

 先日、土曜日の夕方から天草で泊りがけの学習会があり参加した。翌日は用務が何もなかったので朝6時に起きて、何年も通い詰めた龍ヶ岳のいつもの堤防に向かい、数か月ぶりに釣りをして過ごした。昼までの釣果は小さなガラカブと鯛が二匹ずつ。あまりにも小さいのですべてリリース。ボチボチ帰ろうかなと思っていた時に、クーラーボックスの上に置いていたサングラスが釣り針にひっかり足元の海底に落ちてしまった■サングラスは10年ほど愛用してきたレイバンのつるが壊れたので、(正確には車のシートの上に置いていたのを忘れて、我がお尻で壊してしまった)先月レンズだけ再利用して作り替えたものだ。落ちた場所は堤防下の水深2メートルほどの海底のコンクリートブッロクの上。夕方の干潮になれば多少は水深も下がり、どうにかなるかなと判断して、車中で5時間ほど本を読んだり、うたた寝をして待った■ところが、夕暮れ時になっても干満の差があまりなくて水深は1メートルほどまでしか下がらない。あたりは暗くなり海底も見えなくなるし、サングラスの落ちた所まで行くのには、水深3メートル以上の海を10メートルほど泳がなければならない。「たかがサングラスされどサングラス」。さんざん逡巡しながらも意を決して、ゴーグルを着けて海に。しかし、何回か潜って探すものの結局見つからなかった■夕暮れの海に服を着たままゴーグル着けて潜るおっさん。人が見たら何と思ったか?せっかくのストレス解消のための休日に、さらにストレスを溜めてガックリグッタリして岐路についた。家族は「潮が持って行ってもう見つからないよ」と言う。しかし、あれから数日たっても諦めがつかない。そして、最高に潮が引く日を調べた。もう一度海の中のサングラスを探すために。

お知らせ  「アーツ&クラフトフェア」開催

 10月の8日(土)から10日(月)の三連休に高森町の阿蘇フォークスクールで「第8回阿蘇アーツ&クラフトフェア」が開催されます。私も「木こり屋」として出店します。県内外から125名の作家の方々が、木工・陶芸・竹細工・皮工芸・服・銀・ガラスなどの作品を展示即売します。作家一人ひとりの熱意と巧みな手仕事から生まれた作品の数々。使い手と作り手との交流のひと時を阿蘇フォークスクールでゆっくりとお過ごしください。私のお店は校舎の東側(屋外)です。

【問い合わせ】
NPO
法人阿蘇フォークスクール
869-1601 熊本県阿蘇郡高森町上色見1390-1
益城熊本空港ICより車で50分南阿蘇鉄道 高森駅より車で10
TEL
FAX 0967-62-0027

|

« 徒然日記 Vol 48 | トップページ | 徒然日記 Vol 50 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/42035449

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 49:

« 徒然日記 Vol 48 | トップページ | 徒然日記 Vol 50 »