« 徒然日記 Vol 47 | トップページ | 徒然日記 Vol 49 »

徒然日記 Vol 48

きちっときちっと

 議員になって早5ヶ月が過ぎた。先の6月議会では初めての経験ということもあり、いくつかの失敗を重ねてしまった。議会初日にはネクタイ着用とは知らず、あわてて先輩議員にネクタイを借りての議場入り。さらには、携帯電話は持ち込み禁止と知らずに持参。数日後に開催された保健福祉委員会に初めて参加した時には、部屋に入るなり市の委員会関連の課長級以上の職員の方々がズラリと60人ほど座っていらっしゃって、びっくりしてしまい、「おはようございます」の声が裏返った■二回目の委員会の中での初めての発言では、「委員長」と声を出して手を上げるのを忘れたり、発言時にマイクのスイッチを入れ忘れたりした。更には、気負いすぎて担当課長や局長とのやり取りもなく、一方的に意見要望を長々としゃべくり、途中で委員長に「発言をまとめてください」と注意される始末。先日、委員会記録の発言内容を読むと、同じことばかりをくどくどと言っている自分がそこにいた。そして、何回も「キチッと」という言葉が・・・。きっと眉間に皴を寄せ、つばを吐きながら、早口で話していたのだろう、この俺は。今更ながら恥ずかしいこと、この上なし■ということで、現在9月5日から29日までの予定で開催されている議会には、6月の失敗を繰り返さないようにしっかりとイメージトレーニングを積み、周到な準備の上に臨んだ。先日開催された委員会では、発言内容も前日までに整理して準備した。発言時には、低い声でゆっくりと「委員長」と言って手を上げて、マイクのスイッチも入れた。質問と意見・要望も分けて発言して、丁寧なやり取りもできた・・・と思う。しかし、他の議員の発言中に携帯電話の呼び出し音が!委員会での発言にばかりに気持ちが入り、携帯をまたしても持って来てしまった。我ながら呆れたものだ。それでも、地域包括支援センターの今後の在り方や保育料の未納者対策・子どもセンターの充実化等について自分なりに質問や意見・要望を述べることができたと思う■まだまだ、具体的な成果を出すまでには至ってはいないが、一つ一つの案件に対して、自分なりの考えや思いを伝える作業を通して、制度・政策に魂を吹き込んでいきたいと思っている。委員会に参加している方々にとっては、今のところ「ちょっと変わった議員だな」「よ~ダラダラとしゃべるバイ」とか思われているかもしれない。情熱を失わずに「キチッと」訴えていけば、いつの日か「なるほど」と思って動いてくれる人もいてくれるだろう。12月議会では初登壇しての質問を行う予定だ。当日になってあわてないようにと、時間を見つけては、早々と質問の骨格づくりを始めた。まだまだ新人。今のこの気持ちを忘れずに走り続けることにしよう。ただし、沿道からの声援だけでなく、一緒に伴走してくれる人がいなければ独りでは無理だ。おっちょこちょいで不器用と笑ってもらっても構わないが、独りよがりにならないためにも、これからも皆さん、どうか私を見捨てずに知恵と力をお貸し願いたい。

|

« 徒然日記 Vol 47 | トップページ | 徒然日記 Vol 49 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/42029826

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 48:

« 徒然日記 Vol 47 | トップページ | 徒然日記 Vol 49 »