« 徒然日記 Vol 36 | トップページ | 徒然日記 Vol 38 »

徒然日記 Vol 37

僕の宝物

  昨年末に用事があって古巣の学童を4ヶ月ぶりに訪ねた。子ども達には冷たくあしらわれると思っていたものの、部屋に入るなり何人もの子ども達が「ふくなが爺さん」「元気か~」「生きとったか~」とか言いながら、飛び掛ったり足にまとわり付いたりしてきた。乱暴だが嬉しい歓迎を受けて、一時間近くみんなと遊んで汗をかいて帰った。帰り際には、二年生のMさんが手紙をくれた。そこには、僕とMさんの姿が描かれていた。ただそれだけの事だが、その手紙とそのひと時は、僕の宝物だ。ありがとう学童の子ども達。

Photo ←Mさんの絵

|

« 徒然日記 Vol 36 | トップページ | 徒然日記 Vol 38 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/38582035

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 37:

« 徒然日記 Vol 36 | トップページ | 徒然日記 Vol 38 »