« 徒然日記 Vol 24 | トップページ | 徒然日記 Vol 26 »

徒然日記 Vol 25

ネタは尽きない・・・のだ

 ブログを書き始めて2年と10ヶ月。これまでに実に120本のブログを書いてきた。元気良くしっかりと生きてさえいればネタは尽きないものだ。いつも心を開いていればスーッと何かしら感じて、サラサラと文章が出来上がって・・・・というのは嘘!いくら心を開いていても毎日のように感動する事は無いし、ましてや忙しくなればなるほど人は心を無くしていく■先日、金曜日の夜に街中で飲み方があった。翌日は早朝から高森行きの日。飲み方は夜の9時過ぎに終わったが、それはそれは忙しい一週間を過ごしたために、更に飲みに行く気力も、一時間かけて自宅に帰る気力も無かった■ということで、近くのコンビニで生クリームがたっぷり入ったパンとお茶を買って、駐車場へ。そして、車の中で寝た。しかし、日中にお日さまで暖められたコンクリの駐車場は、そして車内は蒸し風呂状態。しばし、クーラーを付けて車内を冷やして眠った。その夜はアルコールが効いて汗をかきながらもぐっすりと熟睡■翌朝は、なんと!5時30分に目が覚めた。そして、顔も洗わずに高森に出発。途中でお日様が昇ってきた。久しぶりに見る朝焼けの綺麗なこと綺麗なこと。早起きは三文の徳ならず、二次会や自宅に帰る交通費分の3,000円分以上に得した朝だった。高森の手前で早朝から開いている温泉の湯に浸り、すがすがしく、そして体も心も新しい朝を迎えることができたのだ。

Photo

|

« 徒然日記 Vol 24 | トップページ | 徒然日記 Vol 26 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔と変わらない生活ですね。太陽や夕焼けやよりもやっぱり朝焼けがとてもよく似合う人ですねあなたは。
時折、アップしていただいている名古屋時代のことをいつも楽しみに拝見しております。
その度にコメントを書いていたのですが、やり方がわからずうまく送信できていなかったようです。これから、せっせと反応していきたいと思います。

投稿: 古川直樹 | 2010年8月10日 (火) 17時57分

やっとコメントが届きました。ありがとうございます。八月から古巣の県職労に戻って日々コツコツと活動中です。「人とのつながりの大切さ」を実感の日々です。お互いに頑張りましょうゾ。

投稿: ようちゃん | 2010年8月11日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/36083284

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 25:

« 徒然日記 Vol 24 | トップページ | 徒然日記 Vol 26 »