« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

徒然日記 Vol 27

Photo_6 Photo_7 Photo_8

木っ端クラフト作品集 Vol 3

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒然日記 Vol 26

ヒヨドリでさえ・・・

  先日、いとこの住むマンションに行った時、空から突然ヒヨドリの親子が私の足元の地面に降り立った。親鳥は私の気配で近くの木の枝に留まった。雛鳥はというと地面に張り付いたようにピクリともしない。初めて飛んで降り立ったアスファルトの地面の上で体が固まってしまったようだ■親鳥は「ピーピー」と何度も鳴いて呼びかけて、飛ぶように促すのだが雛鳥は声さえも出ない。私は気にはなったものの、そのまま6階のいとこの所へ。そして、30分後に帰り道の地面を見ると、雛鳥はマンションの壁の隅っこに移動していた。親鳥は近くのフェンスの上に留まり「ピーピー」と鳴いていた■雛鳥がいる場所は、日陰だがそのままその場所にずっといたら熱気で死んでしまうだろう。私は車にあったペットボトルの底をナイフで切ってお茶を入れて、雛鳥の横に置いて帰った。あの雛鳥はいったいどうなったのだろうか?それにしても、鳥でさえも子どもを見守り育てる本能を持っているのに、近頃の人間ときたら動物以下になり果ててしまったようだ■子どもを捨てる親、子どもを虐待する親、食べ物も水さえもあげずに部屋に子どもを閉じこめて殺す親。世の中、何かがおかしくなってきている。いくら親でも子の命を奪う権利はない。当たり前のことなのに・・・。貧しい時代に生まれた子どもたちにとっての受難の時代とは違う、物に溢れた豊かな現代。そんな世の中で動物としての本能を失った親の下に生まれた子どもたちの、理不尽な不幸の数々。豊かさの裏で何かが確実に壊れ始めている。

Hiyodori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒然日記 Vol 25

ネタは尽きない・・・のだ

 ブログを書き始めて2年と10ヶ月。これまでに実に120本のブログを書いてきた。元気良くしっかりと生きてさえいればネタは尽きないものだ。いつも心を開いていればスーッと何かしら感じて、サラサラと文章が出来上がって・・・・というのは嘘!いくら心を開いていても毎日のように感動する事は無いし、ましてや忙しくなればなるほど人は心を無くしていく■先日、金曜日の夜に街中で飲み方があった。翌日は早朝から高森行きの日。飲み方は夜の9時過ぎに終わったが、それはそれは忙しい一週間を過ごしたために、更に飲みに行く気力も、一時間かけて自宅に帰る気力も無かった■ということで、近くのコンビニで生クリームがたっぷり入ったパンとお茶を買って、駐車場へ。そして、車の中で寝た。しかし、日中にお日さまで暖められたコンクリの駐車場は、そして車内は蒸し風呂状態。しばし、クーラーを付けて車内を冷やして眠った。その夜はアルコールが効いて汗をかきながらもぐっすりと熟睡■翌朝は、なんと!5時30分に目が覚めた。そして、顔も洗わずに高森に出発。途中でお日様が昇ってきた。久しぶりに見る朝焼けの綺麗なこと綺麗なこと。早起きは三文の徳ならず、二次会や自宅に帰る交通費分の3,000円分以上に得した朝だった。高森の手前で早朝から開いている温泉の湯に浸り、すがすがしく、そして体も心も新しい朝を迎えることができたのだ。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徒然日記 Vol 24

8

13_25_4

素敵な作品たち  Vol 2

2 6 4

 Vol19高森の工房での「木っ端クラフト体験」の作品を紹介。今回はその後の作品の紹介。子どもから大人まで男女8名の素敵な作品たち。

7_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »