« 学童の日々 Vol 24 | トップページ | 学童の日々 Vol 26 »

学童の日々 Vol 25

「勝手に決めつけないで」

子どもたちがきちんとできないときに、私たち大人はどうにかしてきちんとできるように注意する。例えば、遊んだ玩具のブロックが散らかっている時に、「○○君ブロックで遊んでたでしょ?きちんと片付けようよ」と言う。すると、「勝手に決めつけんで!僕は遊んだ分のブロックは片づけたとバイ」と、口を尖らせて言う■「勝手に決めつけないで」の言葉を初めて聞いたときにはドキッとした。確かに自分でも勝手に決めつけて子供たちを叱りつけた事があるような気がしたからだ。しかし、誰が教えたのか「勝手に決めつけないで」は、ある意味いい言葉だと思う■子どもたちが大人から自分を守るための言葉。その他にも、「嘘じゃないもん」とか「邪魔せんで」とかがある。ある日、「宿題したくね~」と言って逃げる一年生の男の子を私が追いかけていると、二年生のR君が宿題をしながら、大人びた口調で「福永くんもっと優しくしなさい」とたしなめた■私は「ハイわかりました。R先生!」と返事をして、一年生を捕まえてコチョコチョしながら、優しく「宿題しようかね~」と言う。「俺は優しくないのか?勝手に決めつけないで!」という言葉を飲み込みながら・・・。

|

« 学童の日々 Vol 24 | トップページ | 学童の日々 Vol 26 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/32498354

この記事へのトラックバック一覧です: 学童の日々 Vol 25:

« 学童の日々 Vol 24 | トップページ | 学童の日々 Vol 26 »