« 学童の日々 Vol 13 | トップページ | 学童の日々 Vol 15 »

学童の日々 Vol 14

学童の夏休み

学童で体験する初めての夏休みも、あっという間に終わってしまった。知人に「夏は学童は休み?」と聞かれた。子どもたちには長い夏休みだが、親御さんには盆休みさえも無い人もいるぐらいだから、夏の学童こそ大繁盛だ■この夏休みは、学童に100名以上在籍する子どもたちのうち毎日5~60名が、早い子は朝の8時から遅く帰る子は夕方の7時まで学童にやって来た。一日の日課は、朝の10時までが宿題。10時のおやつの後に、自由遊び。昼食後からは4時からのおやつ以外の時間は自由遊び。夏休みの間、9日間だけはプールの日があった。というわけで、夏休みのほとんど毎日が少しの勉強の時間以外は遊びの日々だった。私も、一緒にプールにも入り真っ黒に日焼けした■この夏休みで、特に感じたのは、勉強や遊びなどを「一人でできる子とできない子」の格差だ。早々と夏休みの宿題を終わり、毎日ドリルなどを広げて自主的に勉強する子もいれば、宿題でさえ私たちが声掛けしないと自分からしない子もいた。親御さんが忙しければ忙しいほど、家庭ではその子に注がれる時間が少なくなるのは確かなことだ。その分、学童ではそんな子どもたちに目配り気配りをしてきた。しかし、それでも何人かの子どもたちは、宿題を完全に終わらずに新学期を向かえた子もいた■格差社会と言われる中、親御さんの働く環境も様々で、子どもたちも、その影響を大きく受けることになる。学校の役割が、勉強だけではなくて、本来家庭で身につけてきたであろう基本的な生活習慣としての躾まで任されるようになってきた。夏休みの間、家庭で兄や姉と、実家で祖父祖母と過ごしたりして、一度も学童に来ることも無く夏休みを終わった子らの顔。夏休みの間ほとんど毎日学童に来て過ごした子らの顔。同じように真っ黒に日焼けした顔々。全ての子どもたちが幸福であれと願わずにいられない。

Photo_2

  ← 自主的に勉強をする子どもたち

|

« 学童の日々 Vol 13 | トップページ | 学童の日々 Vol 15 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/31240879

この記事へのトラックバック一覧です: 学童の日々 Vol 14:

« 学童の日々 Vol 13 | トップページ | 学童の日々 Vol 15 »