« 徒然日記 Vol 2 | トップページ | 徒然日記 Vol 4 »

徒然日記 Vol 3

木育(モクイク)ってなあに?

 食育(ショクイク)という言葉はご存知でしょうか?05年に食育基本法が制定され、翌年その推進計画が発表された。今や給食は単なる栄養補給のためでなく、食育として位置づけられることになった。我が社の製品は、時代を先取りして、食器から食育をめざしている。あまり売れてはいないが・・・。さて、では「木育※」という言葉はご存知だろうか?この言葉、北海道で生まれた言葉だ。熊本県の林務関連の職員に聞いても知らない人がほとんどだ。いい言葉なのに。北海道を中心に広く普及していて、積極的に木育の取り組みが行なわれている。私は昨年、北海道を旅して初めて「木育」という言葉に出会った。目から鱗だった。自分がこれからやろうとしていることが、たった二文字で表現されていたから。そしてそれから一年後の今年の8月に、「Oguniの森」で初の「木育と食育」の取り組みとして「木遊び・食べ遊び」のイベントを計画することができた。詳しくは、ホームページのトップ画面の新着情報をご覧あれ。夏のひと時、川のせせらぎの音を聞きながら、きっと楽しく優しい時間を過ごせるはず。

※木育とは、子供をはじめとするすべての人が『木とふれあい、木に学び、木と生きる』取組です。それは、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。  北海道庁HP「林業木材課」より

           

Photo

←ブロック積み木

 小国杉の端くれが、玩具になる。これも木育。

|

« 徒然日記 Vol 2 | トップページ | 徒然日記 Vol 4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/22297915

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記 Vol 3:

« 徒然日記 Vol 2 | トップページ | 徒然日記 Vol 4 »