« 北の広き道/俳句集 Vol 4 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 6 »

北の広き道/俳句集 Vol 5

Photo 紫の 光放ちて 野アザミの

釧路湿原に立ち寄った日はあいにくの曇天日和で、昼間だというのに薄暗かった。湿原の道を歩いていると紫の野アザミが光っていた。

波よ波 ココロを洗え 日本海

 北海道までの道のりは遠かった。途中までは高速を使ったが、金沢からは日本海側の国道を北上した。北海道に渡るまでは、心は開放されなかった。私が旅をしている間も毎日働いているだろう家族のことや、将来のことなどが気になり、心底、旅を楽しむ心境になれなかったのだ。そんな気分を日本海の荒波に洗い流してほしいと思ってできた句。

キツネ立つ 花咲く北の 白き道

 色々な場所で昼と無く夜と無くキタキツネに遭遇した。いずれも人に慣れてしまった、野性の心を失くしたキツネたち。長生きできないぞ。

|

« 北の広き道/俳句集 Vol 4 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 6 »

俳句・紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/21455579

この記事へのトラックバック一覧です: 北の広き道/俳句集 Vol 5:

« 北の広き道/俳句集 Vol 4 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 6 »