« 北の広き道/俳句集 Vol 3 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 5 »

北の広き道/俳句集 Vol 4

遠き山 忘れられずに 流木は

紋別の海岸で、流木を100本程度拾って持ち帰った。大小様々な形の流木が数百本、海岸に打ち寄せられていた。いずれの流木も、どこかの川より海に流れ出て、何年間も波に洗われて、また、大地にたどり着いて、そしてそのうちのいくつかは私に拾われた。

野の花を 摘んで吊るして 夏が来て

6月の北海道は、春真っ盛り。道路端の雑草でさえ光を放ち、心を軽くしてくれる。いくつかの名も知らぬ花を摘み、車の後ろに下げて走った。北海道を離れる頃には夏となり、花たちはその色を少し落として、すっかりドライフラワーに・・・。

廃屋の 校舎の森に ツツ鳥の

 滝上町で夜の映画(恋するトマト)の上映を待つために、日中はナビを頼りに山奥へ。しかし、途中で道路は行止り。そのゲートの近くに廃屋となり、朽ち果てた校舎が・・・。耳を澄ましても、今はもう子どもたちの声は聞こえない。廃屋の校舎の森に、ただ「ホッホッホッホー」とツツ鳥の声だけが響く。

200707040956000_2 ←滝上町公園 07・7・4

毎年5月下旬から6月上旬にかけて10万平方メートルの敷地(甲子園の7倍)がシバザクラのピンク色に染められる。

|

« 北の広き道/俳句集 Vol 3 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 5 »

俳句・紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/21379069

この記事へのトラックバック一覧です: 北の広き道/俳句集 Vol 4:

« 北の広き道/俳句集 Vol 3 | トップページ | 北の広き道/俳句集 Vol 5 »