« 北の空から/心癒されて Vol 2 | トップページ | 北の空から/心癒されて Vol 4 »

北の空から/心癒されて Vol 3

Photo_7

    懐かしき写真の町ひがしかわ

 旭川から15分ほど南へ走ると東川という町がある。今回の北海道の旅で一番印象深い場所だ。好きだった木工の作品と素敵な人たちに出会えたからだ。今回の旅の目的のひとつに、数年前に熊本の伝統工芸館の北海道木工作品展で観た、素敵な作品(木の端くれの穴に小鳥が入っていて、小鳥の顔が見える)とその作者を探し、「作品にもう一度出会い、作者に会うこと」があった■前日は、旭川で木工関連の施設や店に立ち寄り、作品を探すが見つからない。最後に立ち寄ったブラウンボックスという店の女性に聞くと「東川町のお店に作品はあるけれど作者は数年前に亡くなった」とのこと。やっと作品に出会えることになったが作者は既に亡くなっているということで、嬉しくて悲しい複雑な気持ちで東川町に行くことになった。翌日、町の「コタン・クル・カムイ」というお店の二階で、熊本で出会った作品に再会し、初めて知る作者(太田久幸さん)の記録を見ることができた。感無量だった■その日は、町を散策し文化ギャラリーでの石黒健治氏の写真展を見て日が暮れた。ちなみに東川町は、写真の町として有名なところだ。道の駅はその日はなぜか車が多くて、我が車は端っこに置くことしかできず、いつもの料理をするスペースも無く、車内でほか弁を食べた。寂しい夕食が終わる頃、木彫りの素敵な看板が目に入る。「りしり」と書いてあり、その看板が「おいでおいで」と手招きをしている■夜の8時を回っていたが暖簾をくぐり空いていたカウンターの真ん中に座った。30代の若旦那とそのお母さんの女将さんがカウンターに居て、新鮮なネタが目の前に並び、座敷からは楽しそうな声が・・・。期待通りのおいしい肴と酒。そしてカウンターに同席した素晴らしき人たちとのめくるめく三時間。この続きは、「居酒屋りしりの夜は更けて」で。

Photo_8 居酒屋「りしり」の夜は更けて

 旬のおいしい肴で酒を飲みながら「りしり」のカウンター越しに若旦那に、「この町は綺麗だね。特にお店の看板が素敵だ」と話すと、隣に座っていた男性が「あれは、30年前に俺が発案したんだ」の声。なんと、りしりの近くの薬局のご主人で町議会議長さんとのこと。その方は町の看板を自慢しながらも「看板は服装で言えばネクタイのようなもの、しかし、ネクタイしてジーパンだったり、サンダルだったりの店がいくつかあって、看板倒れだ」と嘆いておられた■議長さんが帰る頃、今度は、役場のMさんという人が来られた。私が「明日の朝には違う町に行く」と言うと、「木工が好きならば、この町にも優れた匠がたくさん居るよ。いくつか選んであげるから、行くといい」と三箇所だけ選んでもらった。このMさんはもともと国の役人で全国各地を転勤してきたが、3年前から大雪山の仕事に携わってからというもの、東川町が好きで好きでたまらなくなり、今年度からとうとう町の職員になったとか。Mさんは、「東川町は『水が美味い』『人がいい』『食べ物が美味い』『景色がいい』から、あなたもこの町に住んでみては」と言う■確かに次々に出てくる刺身や野菜の新鮮で美味いこと美味いこと。ほろ酔い加減の頃に、今度は三人目の和田さんが隣に座った。和田さんは、「50半ばだが今年仕事を辞めて、大阪を出てこの町に家を建てている。妻は家が建ってから呼ぶことにしている。先週やっと仕事も決まった。残りの人生をこの町で過ごす」とのこと。数年前の旅行で、その町並みを見て一度で好きになり、三回目の旅で大阪を出ることを決心したそうだ。和田さん曰く「最後の決め手はこれでした」と、若旦那が持ってきた野菜スティック盛り合わせの中からニンジンとアスパラガスを私の皿に。何もつけずに食べるように言われて食べた。どちらも甘くて美味いのだ■若旦那が囁く「福永さんが今夜出会った三人のお客さんが同じ夜に一遍に来られるのは初めてのことなんですよ。何か因縁みたいですよね。東川町に住みましょうか?」と。二回目の北海道の旅では行き先リストから東川町は外すことにしよう。二度と帰って来られなくなるから‥・・・。

■東川町情報

東川町は旭川の東南13キロ(車で15分程度)。町の概要等は役場のホームページを参照のこと。自宅にいながらにして北海道東川町の四季折々の美しい景色を見ることができる。

□居酒屋・りしり  TEL0166-82-4088 〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1

□道の駅・道草館  TEL0166-68-4777   〃       〃

|

« 北の空から/心癒されて Vol 2 | トップページ | 北の空から/心癒されて Vol 4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 熊本、京都、旭川、日本の中でこの3ヶ所は気候が厳しいと聞いていますが、旭川はとてもいい所みたいですね。木彫りの看板群が並ぶ素敵な通りを歩いてみたくなりました。夜になって「りしり」の扉を開けたら、はるばるやって来た私を”若旦那さんは歓迎してくれるのでしょうか・・。これから東川町のHPを見てみましょう。

投稿: エリザベス | 2007年11月16日 (金) 05時04分

エリザベスさんへ
「居酒屋りしり」の若旦那も女将さんもきっと大歓迎間違いなし!ちょっと遠いけれど、ぜひお立ち寄りのこと。

投稿: ようちゃん | 2007年11月16日 (金) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473107/8743443

この記事へのトラックバック一覧です: 北の空から/心癒されて Vol 3:

« 北の空から/心癒されて Vol 2 | トップページ | 北の空から/心癒されて Vol 4 »